aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
diff options
context:
space:
mode:
authorKylie McClain <kylie@somas.is>2021-06-04 12:40:43 -0400
committerKylie McClain <kylie@somas.is>2021-06-05 19:38:06 -0400
commit53e06f26108724f1868dade7c30583e6d95be1a5 (patch)
treebaaa5207218d2198f2d0d6276b36f2510bfc3306
parentea59fd2840f44e81e9e898184ba967d9efb81118 (diff)
downloadxmascot-53e06f26108724f1868dade7c30583e6d95be1a5.tar.gz
xmascot-53e06f26108724f1868dade7c30583e6d95be1a5.tar.xz
xmascot-53e06f26108724f1868dade7c30583e6d95be1a5.zip
Re-encode files from ISO-2022-JP and EUC-JP to UTF-8
-rw-r--r--CascadeMenu.c2
-rw-r--r--ChangeLog430
-rw-r--r--README.jp774
-rw-r--r--XMascot-faq.jp480
-rw-r--r--contrib/auplay/README50
-rw-r--r--contrib/xslide/README72
-rw-r--r--imagelib/anim_y.y2
-rw-r--r--imagelib/animtest.c2
-rw-r--r--imagelib/image.c52
-rw-r--r--imagelib/mag.c4
-rw-r--r--imagelib/memo10
-rw-r--r--imagelib/old/pnm.c8
-rw-r--r--main.c72
13 files changed, 979 insertions, 979 deletions
diff --git a/CascadeMenu.c b/CascadeMenu.c
index 9e72fd0..a38f3b5 100644
--- a/CascadeMenu.c
+++ b/CascadeMenu.c
@@ -163,7 +163,7 @@ CascadePopup(XtPointer w, XtIntervalId * id)
y = my;
XtVaSetValues(menu, XtNx, (Position) x, XtNy, (Position) y, NULL);
- /* CascadeMenu $B$J$i!"?F>pJs$r$R$-$o$?$9(B */
+ /* CascadeMenu なら、親情報をひきわたす */
if (XtIsSubclass((Widget) menu, cascadeMenuWidgetClass))
((CascadeMenuWidget) menu)->cascade_menu.parent = w;
diff --git a/ChangeLog b/ChangeLog
index 763233a..5f42d72 100644
--- a/ChangeLog
+++ b/ChangeLog
@@ -1,237 +1,237 @@
-97/10/24 Ver 2.6 $B8x3+(B
-$B!&(Bcontrib $B0J2<=$@5(B
-$B!&HyL/$JJQ99$H$+(B
+97/10/24 Ver 2.6 公開
+・contrib 以下修正
+・微妙な変更とか
-97/10/16 Ver 2.6$BD>A0(B
-$B!&$$$$$+$2$s8x3+$7$h$C$H$H$$$&$o$1$G:n6H!#(B
-$B!&%I%-%e%a%s%H$J$I$NHyL/$J=$@5(B
-$B!&$A$g$C$H=$@5(B
+97/10/16 Ver 2.6直前
+・いいかげん公開しよっとというわけで作業。
+・ドキュメントなどの微妙な修正
+・ちょっと修正
97/08/10 Ver 2.6alpha (COMIKET Version)
-$B!&$J$s$+$$$m$$$m=$@5$7$F$$$F$I$&=$@5$7$?$+3P$($F$J$$!#(B
-$B!&(Bimagelib $B$OBgI}$K?J2=(B
-$B!&(Bgif ,bmp $BBP1~(B
-$B!&(Bpnm/tif $B$r0l;~:o=|(B
-$B!&(BPixCore $B$H$+$NF3F~(B
-$B!&3F<o%0%m!<%P%kJQ?t:o=|(B
-$B!&(BDUMMY_SETLOCALE
-$B!&%+!<%=%k%Q%?!<%s$NJ,N%(B($B%j%=!<%9;XDj2DG=(B)
-$B!&@_Dj$O(B config.tmpl $B$K0\F0(B
-$B!&F)L@?'4XO"%*%W%7%g%s$O:o=|(B
- ($BI8=`%G!<%?$N(Bgif$B2=$K$H$b$J$&=hCV!#$I$&$7$F$b;XDj$7$?$$>l9g$O(B -xrm $B$r(B
- $B$D$+$C$F%j%=!<%9;XDj$9$k$3$H(B)
-$B!&IA2h$r$H$P$9%*%W%7%g%s(B -drawtimimg $BDI2C(B
-
-$B!&(BCOMIKET Version $B$K$D$-!"3F<o%G!<%?ImB0!#:FG[I[6X;_(B
+・なんかいろいろ修正していてどう修正したか覚えてない。
+・imagelib は大幅に進化
+・gif ,bmp 対応
+・pnm/tif を一時削除
+・PixCore とかの導入
+・各種グローバル変数削除
+・DUMMY_SETLOCALE
+・カーソルパターンの分離(リソース指定可能)
+・設定は config.tmpl に移動
+・透明色関連オプションは削除
+ (標準データのgif化にともなう処置。どうしても指定したい場合は -xrm を
+ つかってリソース指定すること)
+・描画をとばすオプション -drawtimimg 追加
+
+・COMIKET Version につき、各種データ附属。再配布禁止
96/10/16
-$B!&7?$H$+$N=$@5(B
-$B!&(BImakefile $B$A$g$$JQ99(B
-$B!&(BREADME$B$A$g$$=$@5(B (make Makefiles$B$,$L$1$F$?(B)
+・型とかの修正
+・Imakefile ちょい変更
+・READMEちょい修正 (make Makefilesがぬけてた)
96/10/09
-$B!&(Bxmascot.man $B:n@.(B
-$B!&(BREADME $B:n@.(B
+・xmascot.man 作成
+・README 作成
96/10/08
-$B!&%3%^%s%I%i%$%s$+$i$N;XDj$,$J$$>l9g$O!"$=$l$O%a%K%e!<$K$$$l$J$$(B
- $B$3$H$K$9$k(B
-$B!&%a!<%k0lMw$N(B Sensitive $B$N@)8f(B
-$B!&(BFAQ$B$A$g$$2~Dj(B
-$B!&(BREADME.jp $B=$@5(B
+・コマンドラインからの指定がない場合は、それはメニューにいれない
+ ことにする
+・メール一覧の Sensitive の制御
+・FAQちょい改定
+・README.jp 修正
96/10/07
-$B!&(Bchangeall -> allmenu
-$B!&(BCascade$B%a%K%e!<$N=i2sI=<(;~$N$O$_$@$7%A%'%C%/$K%P%0(B
-$B!&%]%C%W%@%&%s$9$k;~$N(B grab $B$N2rJ|<j=g$K%_%9!#(Bwarning $B$,$G$F$?(B
+・changeall -> allmenu
+・Cascadeメニューの初回表示時のはみだしチェックにバグ
+・ポップダウンする時の grab の解放手順にミス。warning がでてた
96/10/06
-$B!&K?Ju@PH"$K%a!<%kCe?.2;@<$,$D$$$F$?$N$G!"%^%9%3%C%H$N%j%=!<%9$K(B
- $B%a!<%kCe?.2;@<$r$D$1$k(B(^^;;
-$B!&(BXtVaSetValues $B$GJ8;zNs$r@_Dj$9$kItJ,$G%a%b%j%j!<%/$7$F$$$?!#(B
- $BJ8;zNs$O(B XtNewString $B$G$A$c$s$H3NJ]$5$;$k$h$&$K$7$?!#(B
+・某宝石箱にメール着信音声がついてたので、マスコットのリソースに
+ メール着信音声をつける(^^;;
+・XtVaSetValues で文字列を設定する部分でメモリリークしていた。
+ 文字列は XtNewString でちゃんと確保させるようにした。
96/10/05
-$B!&(Bimagelib/image.c $B$N(B image2pixmap $B$N%^%9%/$J$7;XDj$K%P%0(B
+・imagelib/image.c の image2pixmap のマスクなし指定にバグ
96/10/04
-$B!&(BCascade $B%a%K%e!<$N2~NI40N;(B
- $B0lDj;~4V0J>e;_$^$C$?>l9g$K$N$_;R$I$b$r3+$/$h$&$K$9$k(B
-$B!&%^%9%3%C%H$N0\F0$N%"%/%7%g%s<~$j$N2~NI(B
+・Cascade メニューの改良完了
+ 一定時間以上止まった場合にのみ子どもを開くようにする
+・マスコットの移動のアクション周りの改良
96/10/03
-$B!&(BCascade $B%a%K%e!<$NA4LL:n$jD>$7(B
- 95 like $B$N%a%K%e!<$K$9$k(B
+・Cascade メニューの全面作り直し
+ 95 like のメニューにする
96/10/02
-$B!&%Q%i%a!<%?=$@5$N%a%K%e!<$NBgI}2~Dj(B
-$B!&%9%/%m!<%k%P!<$G!"(Bscroll $B$N%3!<%k%P%C%/$rK:$l$F$?!#(B
-$B!&G[CV$re:No$K$9$k(B
+・パラメータ修正のメニューの大幅改定
+・スクロールバーで、scroll のコールバックを忘れてた。
+・配置を綺麗にする
96/10/01
-$B!&(BXaw3d $B$d(B Xaw95 $B$G%3%s%Q%$%k$G$-$k$h$&$K:Y9)(B
+・Xaw3d や Xaw95 でコンパイルできるように細工
96/09/23
-$B!&%+%9%1!<%I%a%K%e!<$N5sF0$rJQ99(B(Bug$B$,$G$?(B)
- $B%a%K%e!<$+$i%+!<%=%k$,=P$k$H>C$9$h$&$K$9$k(B
+・カスケードメニューの挙動を変更(Bugがでた)
+ メニューからカーソルが出ると消すようにする
96/09/22
-$B!&(BZombie $BLdBj$,$^$@$"$C$?$i$7$$!#;R$I$b$N8e;OKv$NCf$K$b(B signal $B$rF~$l$k(B
-$B!&(Balpha $B$G$N(B changetime $B$r$D$1$?$D$b$j$G40@.$7$F$J$+$C$?!#(B
- $B4X?t$OF~$C$F$k$1$I!"4N?U$N%j%=!<%9E,59$H%3%^%s%I%i%$%s%*%W%7%g%s$,(B
- $B$J$+$C$?(B(^^;;
-$B!&5/F0;~$N%a%K%e!<$NHV9f;XDj$N$?$a$N%*%W%7%g%s(B/$B%j%=!<%9DI2C(B
+・Zombie 問題がまだあったらしい。子どもの後始末の中にも signal を入れる
+・alpha での changetime をつけたつもりで完成してなかった。
+ 関数は入ってるけど、肝腎のリソース適宜とコマンドラインオプションが
+ なかった(^^;;
+・起動時のメニューの番号指定のためのオプション/リソース追加
-menuno
-96/09/21 Beta $B:n6H3+;O(B
-$B!&J#?t$N%a%K%e!<%(%s%H%j$r%5%]!<%H(B
-$B!&$3$l$K$H$b$J$$%j%=!<%9<~$j$,Bg$-$/JQ99(B
-$B!&F)L@?'<+F0H=Dj(B(^^;; $B%"%k%4%j%:%`$O$R!&$_!&$D!y(B
+96/09/21 Beta 作業開始
+・複数のメニューエントリをサポート
+・これにともないリソース周りが大きく変更
+・透明色自動判定(^^;; アルゴリズムはひ・み・つ☆
96/08/10 XMascot Ver2.5 alpha
-$B!&:Y$+$$=$@5$H$+@0M}(B
-$B!&%*%W%7%g%s(B changetime $B$r$D$1$?(B
+・細かい修正とか整理
+・オプション changetime をつけた
96/07/22
-$B!&(Bimage mag tif tiflzw pnm etc $B$r(B imagelib $B$H$7$FHFMQ%i%$%V%i%j2=(B
- $B$3$l$K$+$i$`%0%m!<%P%kJQ?t$r@0M}$7!"%i%$%V%i%j%$%s%?!<%U%'!<%9$rDI2C(B
- $B%=!<%9%U%!%$%k$O(B imagelib $B$K0\F0(B
-$B!&$3$l$KH<$$(B Imakefile $B$rJQ99(B
-$B!&Ff$N(B contrib $B$r(B imagelib $B$KBP1~$5$;$k(B
-$B!&(Bcheck_mbox $B$G0lMwI=<($r(B mbox_mode == 2 $B$N$H$-$b$7$F$?!#(B
-$B!&(Bcheck_mailbox $B$H(B check_youbin $B$G(B mbox_last_size $B$,99?7$5$l$F$$$J$+$C$?!#(B
-$B!&(Bcheck_mailbox $B$H(B check_youbin $B$G(B mbox_size $B$r(B $B%A%'%C%/$7$?8e$GJL$NMQES$K(B
- $B;H$C$F$$$?!#$3$NJLMQES$K$O(B mbox_mode $B$H$$$&JQ?t$r?7$?$K3d$jEv$F$?!#(B
+・image mag tif tiflzw pnm etc を imagelib として汎用ライブラリ化
+ これにからむグローバル変数を整理し、ライブラリインターフェースを追加
+ ソースファイルは imagelib に移動
+・これに伴い Imakefile を変更
+・謎の contrib を imagelib に対応させる
+・check_mbox で一覧表示を mbox_mode == 2 のときもしてた。
+・check_mailbox と check_youbin で mbox_last_size が更新されていなかった。
+・check_mailbox と check_youbin で mbox_size を チェックした後で別の用途に
+ 使っていた。この別用途には mbox_mode という変数を新たに割り当てた。
96/07/11
-$B!&(BYOUBIN $BF3F~!#$3$l$K$H$b$J$$(B biff.c $BBg2~Au(B
+・YOUBIN 導入。これにともない biff.c 大改装
96/07/10
-$B!&(Bpnm $B$NF)L@?'$N8!=P$K%P%0H/8+(B
-$B!&$=$N$[$+>.$5$$=$@5(B
+・pnm の透明色の検出にバグ発見
+・そのほか小さい修正
96/06/21
-$B!&(Bbiff $B$N%Q%?!<%s$NI=<($N%?%$%_%s%0$K%P%0(B
-$B!&%3%^%s%I%i%$%s$+$i%^%9%3%C%H$r;XDj$7$?;~$K(B
- chg_next $B$G(B segmentatiuon fault $B$,$G$F$?$N$rD>$9(B
+・biff のパターンの表示のタイミングにバグ
+・コマンドラインからマスコットを指定した時に
+ chg_next で segmentatiuon fault がでてたのを直す
96/06/20 Release
-$B!&(B??top?m $B8F$S$@$7$K%P%0$,$"$C$?$N$GD>$9(B( / $B$,$D$$$F$?(B )
-$B!&%a!<%k$,$J$$$H$-$G$b!"%a%K%e!<$N%a!<%k0lMw$G0lMw$,I=<($5$l$F$?$N$rD>$9(B
-$B!&%^%K%e%"%k$K%"%i!<%`!?%"%/%7%g%s4XO"$N@bL@$rDI2C(B
-$B!&%$%s%?!<%P%k%?%$%^$N;~4V$,J]B8$5$l$F$J$+$C$?(B
-$B!&%"%i!<%`2s$j$A$g$C$H=$@5(B
+・??top?m 呼びだしにバグがあったので直す( / がついてた )
+・メールがないときでも、メニューのメール一覧で一覧が表示されてたのを直す
+・マニュアルにアラーム/アクション関連の説明を追加
+・インターバルタイマの時間が保存されてなかった
+・アラーム回りちょっと修正
96/06/18 Ver 2.4 Beta2
-$B!&(B-tcolor -trgb $B$N;XDj$,A4%^%9%3%C%H$K5Z$s$G$$$?$N$rD>$9(B
-$B!&%^%K%e%"%k:n@.(B
-$B!&%*%W%7%g%s(B -nobifflists $B$,<BAu$5$l$F$J$+$C$?$N$GDI2C(B
-$B!&%*%W%7%g%s(B -random $BDI2C(B
-$B!&%$%s%?!<%P%k%?%$%^DI2C(B
-$B!&(BFAQ $B2~D{(B
+・-tcolor -trgb の指定が全マスコットに及んでいたのを直す
+・マニュアル作成
+・オプション -nobifflists が実装されてなかったので追加
+・オプション -random 追加
+・インターバルタイマ追加
+・FAQ 改訂
96/06/15 Ver 2.4 Beta
-$B!&?'$N<hF@%k!<%A%s$r2~A1(B
- $B$3$l$K$H$b$J$$!"(BMASCOTDATA $B9=B$BN(B -> ImageData $B9=B$BN(B $B$X$HL>>NJQ99(B
- XV $B$d(B Netscape $B$K$^$1$J$$$b$s!*(B
-$B!&1F$,$D$/$h$&$K$J$k(B
+・色の取得ルーチンを改善
+ これにともない、MASCOTDATA 構造体 -> ImageData 構造体 へと名称変更
+ XV や Netscape にまけないもん!
+・影がつくようになる
96/06/14 Ver 2.4 Alpha
-$B!&(Bbiff $B$N%7!<%1%s%9JQ99!#(B-bempty $B:o=|(B
-$B!&%*%W%7%g%sDI2C(B -biffgeometry
-$B!&%*%W%7%g%sL>>N$J$I>/$7JQ99(B
-$B!&$$$A$V!"7?$N%-%c%9%H$,B-$j$J$$$H$3$m$rD>$9(B
- $B$3$l$G(B DEC $B$H$+$G@5>o$KF0:n$9$k$h$&$K$J$C$?$O$:(B
-
-96/06/13 $B$+$i(B 96/05/14
-$B!&K\3JE*(B Ver UP $B3+;O(B
-$B!&%a!<%k$N(B From $B$H(B Subject $B$NI=<($,40@.(B
-$B!&(BWindow $B$,$J$/$J$k!#$9$Y$F(B Widget $B$KE}0l(B
-$B!&(Boption -dpi $B$*$h$S4XO"%j%=!<%9$r$J$/$9!#(B
- $BBe$o$j$K(B HeightMMOfScreen $B$r;HMQ$7$F%5%$%:$r<hF@(B
+・biff のシーケンス変更。-bempty 削除
+・オプション追加 -biffgeometry
+・オプション名称など少し変更
+・いちぶ、型のキャストが足りないところを直す
+ これで DEC とかで正常に動作するようになったはず
+
+96/06/13 から 96/05/14
+・本格的 Ver UP 開始
+・メールの From と Subject の表示が完成
+・Window がなくなる。すべて Widget に統一
+・option -dpi および関連リソースをなくす。
+ 代わりに HeightMMOfScreen を使用してサイズを取得
96/06/09
-$B!&:Y$+$J=$@5(B
-$B!&1#$l$k:?$OI=<($7$J$$$h$&$K$9$k!#$A$g$C$H$A$i$D$-$,2~A1(B
-$B!&$H$j$"$($:(B From $B$H(B Subject $B$NI=<($,$G$-$k$h$&$K$J$k(B
-$B!&%a%K%e!<$N2hLL$+$i$O$_$G$J$$$h$&$K$9$k%A%'%C%/$N!"(B
- $B=DJ}8~$,F0:n$7$F$$$J$+$C$?$N$rD>$9(B
-$B!&(BCascadeMenu $B$N;EMM$r>/$7JQ99!#B?CJ%a%K%e!<$r!":8B&$K$L$1$F$b(B
- $B=P$9$h$&$K$9$k!#(B
-$B!&(B??top?m $B$N8F$S=P$7$N%G%#%l%/%H%j$,8GDj$@$C$?$N$r!"(Bpath $B$+$i8!:w$9$k(B
- $B$h$&$KD>$9(B
+・細かな修正
+・隠れる鎖は表示しないようにする。ちょっとちらつきが改善
+・とりあえず From と Subject の表示ができるようになる
+・メニューの画面からはみでないようにするチェックの、
+ 縦方向が動作していなかったのを直す
+・CascadeMenu の仕様を少し変更。多段メニューを、左側にぬけても
+ 出すようにする。
+・??top?m の呼び出しのディレクトリが固定だったのを、path から検索する
+ ように直す
96/06/01
-$B!&%+!<%=%k$,JQ$o$k$h$&$K$J$k(B
+・カーソルが変わるようになる
96/05/17
-$B!&;R%W%m%;%9$,%>%s%S$K$J$C$F$N$3$k$N$r=$@5(B
+・子プロセスがゾンビになってのこるのを修正
96/05/16
-$B!&%"%i!<%`$N@_Dj$r!"(BOK $B2!$7$?;~$KJ]B8$9$kItJ,$,(B
-$B%3%a%s%H%"%&%H$5$l$F$$$?$N$rD>$9!#(B
+・アラームの設定を、OK 押した時に保存する部分が
+コメントアウトされていたのを直す。
96/05/16 Version 2.3 patchlevel 1
-$B!&(Bbusy loop $B$K$J$j$&$k>uBV(B( X$B$N%$%Y%s%H$,$J$/$F!"$J$*$+$D(B
-$B%^%9%3%C%H$N%7%_%e%l!<%7%g%s=hM}$,$J$$$H$-(B)$B$,$"$k$N$K5$$E$$$F(B
-$B$3$l$rD>$9!#Ii2Y7c8:!#$&!<$s!"$*$l$C$F%?%3(B(T_T)
+・busy loop になりうる状態( Xのイベントがなくて、なおかつ
+マスコットのシミュレーション処理がないとき)があるのに気づいて
+これを直す。負荷激減。うーん、おれってタコ(T_T)
96/05/15 Version 2.3
-$B!&I3(B($B:?(B)$B$K$b3($rE=$l$k$h$&$K$7$?!#(B
- $B$3$l$K$H$b$J$$%j%=!<%9$H%*%W%7%g%sDI2C(B
-$B!&:?$N8D?t$,2DJQ$K$J$k!#%*%W%7%g%s(B -chainnum
-$B!&Ff$N(B contrib $B$K(B xslide $B$,DI2C(B
-$B!&?6F0$N7W;;J}K!$K4*0c$$H/8+!#=$@5!#(B
-$B!&(Bgrav $B$NCM$NJQ992DG=HO0O$rJQ99(B
-$B!&(Bmag $B$,(B 8 dot $BC10L$G$J$/$F$bNI$/$J$C$?!#(B
-$B!&(Bisin $B2s$jA4LL:n$jD>$7(B
+・紐(鎖)にも絵を貼れるようにした。
+ これにともないリソースとオプション追加
+・鎖の個数が可変になる。オプション -chainnum
+・謎の contrib に xslide が追加
+・振動の計算方法に勘違い発見。修正。
+・grav の値の変更可能範囲を変更
+・mag が 8 dot 単位でなくても良くなった。
+・isin 回り全面作り直し
96/05/14 2.2f
-$B!&(Bdouble$B1i;;$,I|3h(B
-$B!&%I%-%e%a%s%H=$@5(B
-$B!&Ff$N(B contrib $BDI2C(B (auplay)
+・double演算が復活
+・ドキュメント修正
+・謎の contrib 追加 (auplay)
96/05/11 2.2e
-$B!&(Bload_ppm $B$r(B load_pnm $B$KJQ99!#$3$l$K$H$b$J$$(B pbm,pgm $B$K$bBP1~(B
+・load_ppm を load_pnm に変更。これにともない pbm,pgm にも対応
96/05/09 2.2d
-$B!&(B*toppm, *topnm $B$r8F$V5!G=$rDI2C(B
-$B!&(B $BJQ?t(B alarm $B$,(B linux $B$GIT9,$@$C$?$N$rD>$7$?!#(B
- alarm(2)$B$H(Bconflict $B$7$F$?$i$7$$(B
+・*toppm, *topnm を呼ぶ機能を追加
+・ 変数 alarm が linux で不幸だったのを直した。
+ alarm(2)とconflict してたらしい
96/05/06 Version 2.2b
-$B!&(BBIFF $B5!G=$,$D$/(B
-$B!&%"%/%7%g%s(B bell $BDI2C(B
-$B!&(Bbiff $B4XO"$N%j%=!<%9!"%*%W%7%g%sDI2C(B
+・BIFF 機能がつく
+・アクション bell 追加
+・biff 関連のリソース、オプション追加
96/05/05 Version 2.2a
-$B!&(BTIFF$B7A<0$N2hA|$r07$($k$h$&$K$J$k(B
+・TIFF形式の画像を扱えるようになる
96/05/01 Version 2.2
-$B!&$J$>$N(B FAQ $B$,$D$$$?(B
+・なぞの FAQ がついた
96/04/30
-$B!&%"%/%7%g%s$NL>A0$rC;$/$7$?(B
+・アクションの名前を短くした
change* -> chg_*
sound_* -> snd_*
-$B!&%"%/%7%g%s(B system, chg_param $B$NDI2C(B
-$B!&%*%W%7%g%s(B magnify $B$N;EMMJQ99(B
-$B!&%"%i!<%`$N%"%/%7%g%s6nF0%k!<%A%s$N%P%0$H$j(B
+・アクション system, chg_param の追加
+・オプション magnify の仕様変更
+・アラームのアクション駆動ルーチンのバグとり
96/04/29 Version 2.19a
-$B!&%I%-%e%a%s%H$J$I$N=$@5(B
-$B!&:Y$+$$%P%0$H$j(B
+・ドキュメントなどの修正
+・細かいバグとり
96/04/27 Version 2.19
-$B!&%"%i!<%`@_Dj%a%K%e!<$NDI2C(B
-$B!&%"%i!<%`$N>uBV$O@_Dj%U%!%$%k(B .xmascotrc $B$KJ]B8$5$l$k!#(B
-$B!&(Bcode -> cord $B$KD>$9!#(B
-$B!&%"%/%7%g%s(B change -> changefile $B$KJQ99(B
-$B!&%"%/%7%g%s(B change $B$N2;@<$r$J$/$7$?!#(B
-$B!&?7%"%/%7%g%sDI2C(B
+・アラーム設定メニューの追加
+・アラームの状態は設定ファイル .xmascotrc に保存される。
+・code -> cord に直す。
+・アクション change -> changefile に変更
+・アクション change の音声をなくした。
+・新アクション追加
change
changenext
changerandom
@@ -239,103 +239,103 @@
96/04/24 Version 2.1b
-$B!&%"%i!<%`$N5!G=$N%W%m%H%?%$%W(B($B=hM}ItJ,(B)$B40@.!#(B
-$B!&(B.xmascotrc $B$N;EMMJQ99!#%"%i!<%`$N@_Dj$r5-=R$G$-$k$h$&$K$9$k!#(B
- $B$^$@FI$_$@$7$7$+$G$-$J$$!#(B
+・アラームの機能のプロトタイプ(処理部分)完成。
+・.xmascotrc の仕様変更。アラームの設定を記述できるようにする。
+ まだ読みだししかできない。
96/04/15 Version 2.1a
-$B!&%a%K%e!<$NEPO?8D?t$rJQ99$G$-$k$h$&$K$7$?(B
- $B$3$l$K$H$b$J$$!"%*%W%7%g%s(B -numsofmenu , $B%j%=!<%9(B *numsOfMenu $B$,DI2C!#(B
-$B!&(BCascadeMenu $B$N(B Sensitive $B$G$J$$$H$-$N%P%0$rD>$7$?!#(B
-$B!&(B$HOME/.xmascotrc $B$rFI$`$h$&$K$7$?!#(B
+・メニューの登録個数を変更できるようにした
+ これにともない、オプション -numsofmenu , リソース *numsOfMenu が追加。
+・CascadeMenu の Sensitive でないときのバグを直した。
+・$HOME/.xmascotrc を読むようにした。
96/03/29 Version 2.1
-$B!&%a%K%e!<$N2~NI(B
-$B!&%^%9%3%C%H$,A}$($k(B
-$B!&9q:]2=BP1~(B
+・メニューの改良
+・マスコットが増える
+・国際化対応
96/02/28
-fj.sources $B$KN.$7$?$,!"N.$l$F$$$+$J$+$C$?$i$7$$!#(B(;_;)
+fj.sources に流したが、流れていかなかったらしい。(;_;)
96/02/26 Version 2.0
-$B8x3+$K8~$1$F%=!<%9$N@0M}$H%I%-%e%a%s%H$N@0Hw$r9T$J$&!#(B
+公開に向けてソースの整理とドキュメントの整備を行なう。
-96/02/25 Version 1.6 ($BL$8x3+(B)
+96/02/25 Version 1.6 (未公開)
-$BHSED(B
-$B!&(BDEPTH $B$,(B 8$B$r1[$($?>l9g$NF0:nITNI$N=$@5(B
+飯田
+・DEPTH が 8を越えた場合の動作不良の修正
-96/02/24 Versiion 1.5 ($BL$8x3+(B)
+96/02/24 Versiion 1.5 (未公開)
-$B$4$&(B
-$B!&@ZBX$(%a%K%e!<$N2~NI(B
-$B!&=ENO(B/$B8:?j78?t$NJQ99$N%@%$%"%m%0$,DI2C(B
-$B!&%"%$%3%s2=$,@5>o$KF0:n$9$k$h$&$KD>$9(B
-$B!&%^%9%3%C%HItJ,$b(B widget $B$H$7!"%$%Y%s%H=hM}$r40A4$K(B Toolkit $B$K$^$+$;$k(B
-$B!&%"%/%7%g%s(B sound, sound_start, sound_click, sound_end, change
- $B$,;HMQ2DG=$K$J$k!#(B
+ごう
+・切替えメニューの改良
+・重力/減衰係数の変更のダイアログが追加
+・アイコン化が正常に動作するように直す
+・マスコット部分も widget とし、イベント処理を完全に Toolkit にまかせる
+・アクション sound, sound_start, sound_click, sound_end, change
+ が使用可能になる。
-Version 1.4 ($B%/%i%VFb0lIt$K8x3+(B)
+Version 1.4 (クラブ内一部に公開)
-$B$4$&(B
-$B!&J#?t$N%^%9%3%C%H$,07$($k$h$&$K9=B$$rJQ99(B
-$B!&@ZBX$(%a%K%e!<$,DI2C(B
+ごう
+・複数のマスコットが扱えるように構造を変更
+・切替えメニューが追加
-Version 1.3 ($BL$8x3+(B)
+Version 1.3 (未公開)
-$B$4$&(B
-$B!&2;@<5!G=$NDI2C(B
+ごう
+・音声機能の追加
-Version 1.2 ($BL$8x3+(B)
+Version 1.2 (未公開)
-$B$4$&(B
-$B!&1i;;%k!<%A%s$r@0?t2=(B
+ごう
+・演算ルーチンを整数化
-95/02/01 Version 1.1 ($BL$8x3+(B)
+95/02/01 Version 1.1 (未公開)
-$BHSED(B
-$B!&(BMAG$B7A<0$N2hA|$r07$($k$h$&$K$J$k(B
-$B!&2hA|$N07$$$N0lHL2=(B
+飯田
+・MAG形式の画像を扱えるようになる
+・画像の扱いの一般化
-95/01/26 Version 1.0 ($B%/%i%VFb8x3+(B)
+95/01/26 Version 1.0 (クラブ内公開)
-$B$4$&(B
-$B!&(BX Toolkit (Athena widget) $B$H$NM;9g2=!#(B
-$B!&(Bbiff $B$H(B clock $B$K$D$$$F$OJ]N1$H$7$F5!G=$r:o=|!#(B
-$B!&%j%=!<%9$,;HMQ2DG=$K$J$k(B
-$B!&%&%#%s%I%&%^%M!<%8%c@)8f2<$GF0:n2DG=$K$J$k!#(B
-$B!&(BAbout $B%@%$%"%m%0$NDI2C(B
-$B!&=*N;$N5!G=$,$D$/(B
+ごう
+・X Toolkit (Athena widget) との融合化。
+・biff と clock については保留として機能を削除。
+・リソースが使用可能になる
+・ウィンドウマネージャ制御下で動作可能になる。
+・About ダイアログの追加
+・終了の機能がつく
-95/01/24 Version 0.9a ($B%/%i%VFb8x3+(B)
+95/01/24 Version 0.9a (クラブ内公開)
-$BHSED(B
-$B!&(Bbiff $B$H(B Clock $B5!G=$,$`$j$d$jDI2C$5$l$k(B($B$N$A:o=|(B)
-$B!&0lIt$N5!<o$GF0$+$J$$E@$N=$@5(B
+飯田
+・biff と Clock 機能がむりやり追加される(のち削除)
+・一部の機種で動かない点の修正
95/01/16
-$B%/%i%VFb%K%e!<%9%0%k!<%W$K(B cclub.xmascot $B$,$G$-$k(B
+クラブ内ニュースグループに cclub.xmascot ができる
-95/01/15 Watanabe Version 0.9 ($B%/%i%VFb8x3+(B)
+95/01/15 Watanabe Version 0.9 (クラブ内公開)
-$B$4$&(B
-$B!&:,K\E*$K:F9=@.$5$l$k!#(B
- IIDA version $B$+$i0z$-7Q$$$@$N$O!"2hA|$NFI$_$@$7ItJ,$N$_!#(B
-$B!&J#?t$N%&%#%s%I%&$G9=@.!#(B
-$B!&?6$j;R$N%"%k%4%j%:%`$r@53N$J$b$N$KJQ99!#(B
-$B!&$f$l$k(B
-$B!&$N$S$k(B
+ごう
+・根本的に再構成される。
+ IIDA version から引き継いだのは、画像の読みだし部分のみ。
+・複数のウィンドウで構成。
+・振り子のアルゴリズムを正確なものに変更。
+・ゆれる
+・のびる
-95/12/24 IIDA version 1.00a ($B%[!<%`%Z!<%8$G8x3+(B)
+95/12/24 IIDA version 1.00a (ホームページで公開)
-$BK?%2!<%`$N%^%9%3%C%H$,(B X $B$K$[$7$$$h$M!"$H!"$4$&$,HSED$KOC$9!#(B
-$BMbF|!"$J$K$+$,HSED$N2hLL$GMI$l$F$$$?!#(B
-$B0l$D$NBg$-$J%&%#%s%I%&$N$J$+$GF0:n$7$F$*$j!"$A$i$D$/!"(B
-$BCY$$!"$J$I$N7gE@$,$"$C$?!#(B
+某ゲームのマスコットが X にほしいよね、と、ごうが飯田に話す。
+翌日、なにかが飯田の画面で揺れていた。
+一つの大きなウィンドウのなかで動作しており、ちらつく、
+遅い、などの欠点があった。
diff --git a/README.jp b/README.jp
index 6570171..ef4acdc 100644
--- a/README.jp
+++ b/README.jp
@@ -6,577 +6,577 @@
All Rights Reserverd.
====================================================================*/
-0.$B$O$8$a$K(B
+0.はじめに
- $B!V$*$*!"$($s$G$#$s$0$@(B... $B$$$d!<$*$b$m$+$C$?!#$D$.$O$@$l$K$7$d$&(B...
- $B$L!"$J$K$+!H$^$9$3$C$H!I$C$F$N$,$"$k$>(B...
- $B$*$)(B $B$f$l$F$$$k!"(B $B$*$)(B $B$N$S$k$N$S$k!"$D$D$/$H$7$c$Y$k$7!#(B
- $B$L$L$L!"$3$l$C$F(B $B$($C$/$9(B $B$G$[$7$$$h$J$!!#!W(B
+ 「おお、えんでぃんぐだ... いやーおもろかった。つぎはだれにしやう...
+ ぬ、なにか“ますこっと”ってのがあるぞ...
+ おぉ ゆれている、 おぉ のびるのびる、つつくとしゃべるし。
+ ぬぬぬ、これって えっくす でほしいよなぁ。」
-1.XMascot $B$H$O(B
+1.XMascot とは
- XMascot $B$O!"(BX Window System $B$N2hLL>e$K2D0&$$%^%9%3%C%H$rI=<($9$k(B
- $B%W%m%0%i%`$G$9!#0J2<$N$h$&$J5!G=$r;}$A$^$9!#(B
+ XMascot は、X Window System の画面上に可愛いマスコットを表示する
+ プログラムです。以下のような機能を持ちます。
- $B!&MI$l$k(B $B2hLL$N$J$+$G%W%j%A!<$KMI$l$^$9!#(B
- $B!&?-$S$k(B $B:?$ND9$5$r$*9%$_$K1~$8$F?-$S=L$_2DG=$G$9!#(B
- $B!&C}$k(B $BJLES2;@<:F@8$N%3%^%s%I!"2;@<%G!<%?$r=`Hw$9$k$3$H$G!"(B
- $BC}$i$;$k$3$H$,2DG=$G$9(B
- $B!&%"%i!<%`(B $BKhF|$"$k;~9o$KDj5A$7$?%"%/%7%g%s$r$*$3$5$;$k$3$H$,$G$-$^$9!#(B
- $B!&(BBIFF $B%a!<%k$NE~Ce$r$7$i$;$k(B BIFF $B$H$7$FMxMQ$G$-$^$9!#(B
- From: Subject: $B$bI=<($5$l$k$h$&$K$J$j$^$7$?!#(B
- Ver2.5$B$+$i(B youbin $B%3%^%s%I$KBP1~$7$^$7$?!#(B
+ ・揺れる 画面のなかでプリチーに揺れます。
+ ・伸びる 鎖の長さをお好みに応じて伸び縮み可能です。
+ ・喋る 別途音声再生のコマンド、音声データを準備することで、
+ 喋らせることが可能です
+ ・アラーム 毎日ある時刻に定義したアクションをおこさせることができます。
+ ・BIFF メールの到着をしらせる BIFF として利用できます。
+ From: Subject: も表示されるようになりました。
+ Ver2.5から youbin コマンドに対応しました。
- $BB>$K$b<!$N$h$&$J$3$H$,2DG=$G$9!#(B
+ 他にも次のようなことが可能です。
- $B!&%^%9%3%C%H$N@ZBX$((B $BJ#?t$N%^%9%3%C%H$r5$J,$K1~$8$F@ZBX$($G$-$^$9!#(B
- Ver2.5 $B$+$i!"J#?t$N%a%K%e!<%;%C%H$,EPO?$G$-$k$h$&$K(B
- $B$J$j$^$7$?!#(B
- $B!&=ENO(B/$B8:?j78?t$N@)8f(B $B?6$j;R1?F0$rCi<B$K%7%_%e%l!<%H$7$F$$$^$9!#(B
+ ・マスコットの切替え 複数のマスコットを気分に応じて切替えできます。
+ Ver2.5 から、複数のメニューセットが登録できるように
+ なりました。
+ ・重力/減衰係数の制御 振り子運動を忠実にシミュレートしています。
- $B%^%9%3%C%H%G!<%?$H$7$F0J2<$N2hA|7A<0$r%5%]!<%H$7$F$$$^$9!#(B
+ マスコットデータとして以下の画像形式をサポートしています。
- GIF *.gif 256$B?'$^$G!#(Btransparent/interlace $BBP1~(B
- BMP *.bmp $BA47A<0(B ($B$?$@$7!"(B256$B?'0J>e$O(B 8bpp $B$G8mF0:n$9$k(B)
- MAG *.mag 16$B?'(B $B$^$?$O(B 256$B?'(B
+ GIF *.gif 256色まで。transparent/interlace 対応
+ BMP *.bmp 全形式 (ただし、256色以上は 8bpp で誤動作する)
+ MAG *.mag 16色 または 256色
----------------------------------------------------------------
- 2.6 $B$G$OL$BP1~(B (imagelib verup $B:n6H$N$H$-$K=hM}$7$F$J$$(B)
- TIFF *.tif 16$B?'(B $B$^$?$O(B 256$B?'(B $B$G!"(Braw$B7A<0(B $B$+(B lzw$B05=L7A<0(B
-
- $B$3$l$i$O(B TrueColor $B$G$OF0:n$9$k(B
- PPM *.ppm 256$B3,D4%+%i!<(B raw$B7A<0(B
- PGM *.pgm 256$B3,D4%0%l%$%9%1!<%k(B raw$B7A<0(B
- PBM *.pbm 2$BCM%b%N%/%m(B raw$B7A<0(B
- PNM *.pnm PPM,PGM,PBM $B$N$I$l$+(B
+ 2.6 では未対応 (imagelib verup 作業のときに処理してない)
+ TIFF *.tif 16色 または 256色 で、raw形式 か lzw圧縮形式
+
+ これらは TrueColor では動作する
+ PPM *.ppm 256階調カラー raw形式
+ PGM *.pgm 256階調グレイスケール raw形式
+ PBM *.pbm 2値モノクロ raw形式
+ PNM *.pnm PPM,PGM,PBM のどれか
----------------------------------------------------------------
- $B2hA|$O3HD%;R$G$O$J$/!"<B:]$NFbIt%G!<%?$GH=CG$5$l$FFI$_9~$^$l$^$9!#(B
+ 画像は拡張子ではなく、実際の内部データで判断されて読み込まれます。
------------------------------------------------------------------
- $B$3$N5!G=$O(B 2.6 alpha $B$G$O(B TrueColor $B0J30$GF0:n$7$J$$!#(B
- (imagelib $B$NITHw$K$h$k(B)
+ この機能は 2.6 alpha では TrueColor 以外で動作しない。
+ (imagelib の不備による)
- $B$h$_$3$_$K<:GT$7$?>l9g$O!"3HD%;R$r$b$H$K!"(B
- $B3HD%;R(Btopnm ,*toppm ,*topgm, *topbm $B%3%^%s%I$,B8:_$9$k>l9g$O!"$=$l$r(B
- $B8F$S=P$7$F%m!<%I$7$F$/$l$^$9!#(B
+ よみこみに失敗した場合は、拡張子をもとに、
+ 拡張子topnm ,*toppm ,*topgm, *topbm コマンドが存在する場合は、それを
+ 呼び出してロードしてくれます。
- $BNc(B: aaa.gif $B$J$i(B giftopnm $B$d(B giftoppm $B$J$I$r8F$S=P$9!#(B
+ 例: aaa.gif なら giftopnm や giftoppm などを呼び出す。
------------------------------------------------------------------
- $BF)L@?'$O<+F0E*$KH=Dj$5$l$^$9!#(B
+ 透明色は自動的に判定されます。
- $B$3$N%P!<%8%g%s(B(Ver2.6)$B$G$O!"%5%s%W%k$H$7$F(B 10$B8D(B $B$N(B $B%^%9%3%C%H%G!<%?$,(B
- $B4^$^$l$F$$$^$9!#(B
+ このバージョン(Ver2.6)では、サンプルとして 10個 の マスコットデータが
+ 含まれています。
- $B2;@<$O(B pipipipi.au $B$,F~$C$F$$$^$9!#(B
- $B$^$?!"$"$k(BXMascot$B0&9%<T$NJ}$+$i!"%a!<%kCe?.MQ$N2;@<$r(B
- $B$$$/$D$+Aw$C$F$$$?$@$-$^$7$?!#(B(^^)
+ 音声は pipipipi.au が入っています。
+ また、あるXMascot愛好者の方から、メール着信用の音声を
+ いくつか送っていただきました。(^^)
- sounds $B0J2<$N(B
+ sounds 以下の
mi.{au,raw} mi2.{au,raw} mitime.{au,raw}
- $B$G$9!#E,598fMxMQ2<$5$$!#(B
+ です。適宜御利用下さい。
- contrib $B0J2<$K2x$7$$$*$^$1%=%U%H$,F~$C$F$$$^$9!#(B
- $B$3$l$i$K$D$$$F$O$=$l$>$l$N(B README $B$r;2>H$7$F2<$5$$!#(B
+ contrib 以下に怪しいおまけソフトが入っています。
+ これらについてはそれぞれの README を参照して下さい。
****** Notice ******
- XMascot $B$OHs>o$K%^%7%s$KBP$9$kIi2Y$,9b$/!"(BPentium$B%/%i%90J>e$G$J$$$H!"(B
- $B2wE,$JF0:n$O4|BT$G$-$^$;$s!#(B
+ XMascot は非常にマシンに対する負荷が高く、Pentiumクラス以上でないと、
+ 快適な動作は期待できません。
- XMascot $B$N:G?7HG!"$*$h$S4XO"J*$O(B
+ XMascot の最新版、および関連物は
http://cclub.tutcc.tut.ac.jp/xmascot/
ftp://cclub.tutcc.tut.ac.jp/pub/xmascot/
- $B$G8x3+$5$l$F$$$^$9!#(B
+ で公開されています。
-2.$B%$%s%9%H!<%kJ}K!(B
+2.インストール方法
- $B%3%s%Q%$%k$K$O!"(Bgcc $BEy(B ansi $B<0$N5-=R$KBP1~$7$?%3%s%Q%$%i$,I,MW$G$9!#(B
+ コンパイルには、gcc 等 ansi 式の記述に対応したコンパイラが必要です。
- (a) config.tmpl $B$NJQ99(B
+ (a) config.tmpl の変更
XMASDIR
- $BI8=`$N%^%9%3%C%H%G!<%?$,3JG<$5$l$k%G%#%l%/%H%j$r@_Dj$7$^$9!#(B
- $B$3$3$KIUB0$N%^%9%3%C%H$d2;@<$,3JG<$5$l$^$9!#$^$?!"$3$N%G%#%l%/%H%j$O(B
- $BI8=`$G%5!<%A%Q%9$N:G8e$KDI2C$5$l$^$9!#(B
- $B%G%U%)%k%H$O(B $(LIBDIR)/xmascot $B$G$9!#(B
+ 標準のマスコットデータが格納されるディレクトリを設定します。
+ ここに付属のマスコットや音声が格納されます。また、このディレクトリは
+ 標準でサーチパスの最後に追加されます。
+ デフォルトは $(LIBDIR)/xmascot です。
- $B0J2<$K<($99`L\$r4D6-!"MWK>$K$"$o$;$FE,59(B #define/#undef $B$7$F2<$5$$(B
+ 以下に示す項目を環境、要望にあわせて適宜 #define/#undef して下さい
- PERSONAL $B8D?M$N%[!<%`%G%#%l%/%H%j$K%$%s%9%H!<%k$7$^$9!#(B
+ PERSONAL 個人のホームディレクトリにインストールします。
- PERSONAL $B$r(B define $B$9$k$H!"(BXMASCOT $B$r8D?M$N%[!<%`%G%#%l%/%H%j$K(B
- $B%$%s%9%H!<%k$7$^$9!#(B
+ PERSONAL を define すると、XMASCOT を個人のホームディレクトリに
+ インストールします。
$HOME/bin/xmascot, $HOME/xmascot/* $HOME/XMascot
- ($HOME/$LANG/XMascot USE_I18N$B$N>l9g(B) $B$H$7$F%$%s%9%H!<%k$5$l$^$9!#(B
- $HOME/bin $B$K%Q%9$r@Z$C$F;HMQ$7$F2<$5$$!#(B
+ ($HOME/$LANG/XMascot USE_I18Nの場合) としてインストールされます。
+ $HOME/bin にパスを切って使用して下さい。
- NEED_DIFFTIME difftime(3)$B$,L5$$;~$K;XDj$7$^$9!#(B(SunOS4.1.X$B$J$I(B)
+ NEED_DIFFTIME difftime(3)が無い時に指定します。(SunOS4.1.Xなど)
- USE_BIFF $B%a!<%k$NCe?.$*CN$i$;5!G=$r;HMQ$7$^$9(B
+ USE_BIFF メールの着信お知らせ機能を使用します
- $B$3$l$rMxMQ$9$k>l9g$O!"<+J,$N4D6-$N%G%#%l%/%H%j9=@.$K(B
- $B9g$o$;$F!"(BMAILBOX_DIR $B$,@5$7$/%a!<%k$N%9%W!<%k$r;X$9$h$&$K(B
- $B@_Dj$7$F2<$5$$!#(BXMascot $B$,A[Dj$9$k%a!<%k%\%C%/%9$O(B
- MAILBOX_DIR/$B%f!<%6L>(B $B$G$9!#(B
+ これを利用する場合は、自分の環境のディレクトリ構成に
+ 合わせて、MAILBOX_DIR が正しくメールのスプールを指すように
+ 設定して下さい。XMascot が想定するメールボックスは
+ MAILBOX_DIR/ユーザ名 です。
- POP$B$J$I$rMxMQ$7$F$$$k>l9g$K$O!"%j%=!<%9(B *biffCmd: $B!"$^$?$O(B
- $B5/F0;~%*%W%7%g%s(B -biffcmd $B$K%a!<%k$N%A%'%C%/MQ$N%3%^%s%I$r(B
- $B;XDj$7$F2<$5$$!#(B(mh $B$N(B msgchk $B$J$I(B)
+ POPなどを利用している場合には、リソース *biffCmd: 、または
+ 起動時オプション -biffcmd にメールのチェック用のコマンドを
+ 指定して下さい。(mh の msgchk など)
- $B%3%^%s%I$NJV$jCM$,(B 0:$B%a!<%k$,$"$k!"(B1:$B$J$$!"$=$l0J30(B:$B>uBVJQ$o$i$:(B
- $B$HH=Dj$7$^$9!#(B
+ コマンドの返り値が 0:メールがある、1:ない、それ以外:状態変わらず
+ と判定します。
- USE_BIFFLIST $BCe?.$*CN$i$;0lMw$r;H$$$^$9(B
+ USE_BIFFLIST 着信お知らせ一覧を使います
- $B$3$l$r(B #undef $B$9$k$H!"Ce?.$*CN$i$;(B From: Subject: $B0lMw$N(B
- $B5!G=$,$J$/$J$j$^$9!#(B
+ これを #undef すると、着信お知らせ From: Subject: 一覧の
+ 機能がなくなります。
- USE_YOUBIN youbin $BBP1~(B
+ USE_YOUBIN youbin 対応
- youbin $B%3%^%s%I$rMxMQ$7$F(B youbin protocol $B$G%a!<%k$N3NG'(B
- $B$r9T$J$$$^$9!#(Bpath $B$NDL$C$?>l=j$K(B youbin $B%3%^%s%I$,I,MW$G$9!#(B
+ youbin コマンドを利用して youbin protocol でメールの確認
+ を行ないます。path の通った場所に youbin コマンドが必要です。
- USE_SOUND $B2;@<$r;HMQ$7$^$9(B
+ USE_SOUND 音声を使用します
- USE_SOUND $B$r(B define $B$9$k$H!"2;@<:F@85!G=$rAH$_9~$_$^$9!#(B
- XMascot $B$N2;@<5!G=$O!"30It%3%^%s%I$r8F$S=P$9B>NOK\4j$G$9!#(B
- $B2?$i$+$N2;@<:F@8%3%^%s%I$r=`Hw$7$F!"$=$N8F$S$@$7%3%^%s%I$r!"(B
- SOUND_COMMAND $B$K@_Dj$7$F2<$5$$!#(B%s $B$K2;@<$N%U%!%$%kL>$,F~$j$^$9!#(B
+ USE_SOUND を define すると、音声再生機能を組み込みます。
+ XMascot の音声機能は、外部コマンドを呼び出す他力本願です。
+ 何らかの音声再生コマンドを準備して、その呼びだしコマンドを、
+ SOUND_COMMAND に設定して下さい。%s に音声のファイル名が入ります。
- $B%G%U%)%k%H$O!"(BSunOS $B$d(B NetBSD $B$G;HMQ$G$-$k!"(Bcat %s > /dev/audio
- $B$K$J$C$F$$$^$9!#(B
+ デフォルトは、SunOS や NetBSD で使用できる、cat %s > /dev/audio
+ になっています。
- USE_I18N $B9q:]2=BP1~HG$K$7$^$9(B
+ USE_I18N 国際化対応版にします
- USE_I18N $B$r(B define $B$9$k$H!"9q:]2=BP1~HG$H$7$F%3%s%Q%$%k$7$^$9!#(B
- $B9q:]2=$O(B X11R6 $B$N(B Athene-widget $B$K$h$k$b$N$G$9!#(B
- $B%G%U%)%k%H$G=`Hw$5$l$?@_Dj%U%!%$%k$O!"F|K\8l(B euc $B$K$J$C$F$$$^$9!#(B
- $B;HMQ$7$F$$$k%3!<%I$,0[$J$k>l9g$O!"(Bjapanese/XMascot.ad.sed $B$N%3!<%I$r(B
- nkf $B$J$I$GJQ49$7$F$/$@$5$$!#(B
+ USE_I18N を define すると、国際化対応版としてコンパイルします。
+ 国際化は X11R6 の Athene-widget によるものです。
+ デフォルトで準備された設定ファイルは、日本語 euc になっています。
+ 使用しているコードが異なる場合は、japanese/XMascot.ad.sed のコードを
+ nkf などで変換してください。
DUMMY_SETLOCALE
- OS $B$N(B setlocale $B$,F|K\8l$N(B locale $B$r%5%]!<%H$7$F$*$i$:!"$^$?(B X $B$,(B
- -DX_LOCALE $B$r$D$1$:$K%3%s%Q%$%k$7$F$"$C$F!"9q:]2=5!G=$,MxMQ$G$-$J$$(B
- $B>l9g$K!"$`$j$d$j9q:]2=5!G=$rM-8z$K$7$?$$$H$-$K;XDj$7$^$9!#(B
+ OS の setlocale が日本語の locale をサポートしておらず、また X が
+ -DX_LOCALE をつけずにコンパイルしてあって、国際化機能が利用できない
+ 場合に、むりやり国際化機能を有効にしたいときに指定します。
- USE_DOUBLE $BG\@:EY1i;;(B
+ USE_DOUBLE 倍精度演算
- $B0LCV7W;;2s$j$r(B double $B$r;HMQ$7$^$9!#MI$l$,$H$^$j$=$&$J$H$-$K!"(B
- $B!V%+%/%C!W$HF0$/$3$H$,$J$/$J$j$^$9!#$"$H!"$H$^$C$?$H8+$;$+$1$F<B$O(B
- $B@0?t1i;;$N8m:9$N$?$aMI$lB3$1$F$$$k$H$$$&$3$H$b$J$/$J$k$O$:$G$9!#(B($B$?$V$s(B)
- $B?tCM1i;;%W%m%;%C%5(B($B$_$s$J$"$k$h$M(B^^)$B$N$"$k>l9g$O$3$C$A$N$,$?$V$s9,$;$G$9!#(B
+ 位置計算回りを double を使用します。揺れがとまりそうなときに、
+ 「カクッ」と動くことがなくなります。あと、とまったと見せかけて実は
+ 整数演算の誤差のため揺れ続けているということもなくなるはずです。(たぶん)
+ 数値演算プロセッサ(みんなあるよね^^)のある場合はこっちのがたぶん幸せです。
- USE_CHAINPAT $B:?$K3($r$O$k(B
+ USE_CHAINPAT 鎖に絵をはる
- $B:?$K3($rE=$l$k$h$&$K$7$^$9!#(B
+ 鎖に絵を貼れるようにします。
- USE_SHADOW $B1F$r$D$1$k(B
+ USE_SHADOW 影をつける
- $B%^%9%3%C%H$K1F$r$D$1$^$9!#(B
+ マスコットに影をつけます。
USE_XAW3D
- Xaw3D $B$d(B Xaw95 $B$r;HMQ$9$k:]$K;XDj$7$^$9!#(B
+ Xaw3D や Xaw95 を使用する際に指定します。
- (b)$B%3%s%Q%$%k(B/$B%$%s%9%H!<%k(B
+ (b)コンパイル/インストール
% xmkmf -a
% make
% su
# make install
- $B$G%$%s%9%H!<%k$,40N;$7$^$9!#(B
+ でインストールが完了します。
- (c) $BF0:n3NG'(B
+ (c) 動作確認
- $B0J2<$NAH9g$;$G$NF0:n$r3NG'$7$F$$$^$9!#(B
+ 以下の組合せでの動作を確認しています。
GATEWAY2000 Pentium 120 OpenBSD 1.2/i386 gcc 2.7.2 XFree86 3.3
DEC 3000 Alpha ? DEC OSF/1 V3.0 gcc 2.6.0 X11R5
SparcStation IPC Sparc ? SunOS 4.1.3 gcc 2.7.2 X11R6
HP 9000/715 ? HP-UX A.09.07 gcc 2.7.2 X11R6
-3.$B5/F0J}K!(B
+3.起動方法
- XMascot $B$N5/F0J}K!$O<!$NDL$j$G$9!#(B
+ XMascot の起動方法は次の通りです。
xmascot [option] [filename]
- $B%U%!%$%kL>$r;XDj$7$?>l9g!"$=$N%U%!%$%k$r%^%9%3%C%H$H$7$F(B
- $BFI$_9~$_I=<($7$^$9!#%U%!%$%k$O%5%]!<%H$5$l$F$$$k7A<0$N2hA|%G!<%?$G$9!#(B
- $B$3$N%^%9%3%C%H$O@ZBX$(%a%K%e!<(B0$BHV$N0lHV:G8e$KEPO?$5$l$^$9!#(B
- $B%U%!%$%kL>$r;XDj$7$J$$>l9g$O!"%a%K%e!<$KEPO?$5$l$?%^%9%3%C%H$G5/F0$7$^$9!#(B
-
-4.$B5/F0;~%*%W%7%g%s(B
-
- -geometry, fg, bg $B$J$I$N(B $BDL>o$N(BXToolkit $B$N%*%W%7%g%s$K2C$($F!"(B
- $B0J2<$N$h$&$J5/F0;~%*%W%7%g%s$,$"$j$^$9!#(B
-
- $B!zF)L@?';XDj%*%W%7%g%s(B Ver2.6 $B$+$i$O:o=|$7$^$7$?!#$I$&$7$F$b(B
- $B;XDj$7$?$$>l9g$O%j%=!<%9$rMxMQ$7$F2<$5$$!#(B
-
- -verbose $B%G%P%C%0MQ$N>iD9I=<(%b!<%I(B
- -gravity n $B=ENO2CB.EY$N;XDj(B $BC10L$O(B cm/sec^2 $B$G$9!#(B
- -chainlength n $B:?$ND9$5$r;XDj$7$^$9!#C10L$O(B mm
- -damping n $B8:?j78?t$r;XDj$7$^$9!#(B0 $B$GMI$l$,;_$^$i$J$/$J$j$^$9!#(B
- -degree n $B?6$j;O$a$N3QEY$r;XDj$7$^$9!#(B
- -menuno n $B5/F0;~$N%a%K%e!<$NHV9f$r;XDj$7$^$9!#(B
- -no n $B5/F0;~$N%^%9%3%C%H$NHV9f$r;XDj$7$^$9!#(B
- -magnify n $B%^%9%3%C%H$N2hA|$N3HBgN($r;XDj$7$^$9!#(B
- -pinpat fname $B%T%s$NItJ,$N2hA|$rJQ99$7$^$9!#(B
- -random $B5/F0;~$N%^%9%3%C%H$r%i%s%@%`$K;XDj$7$^$9!#(B
- -changetime min $B0lDj;~4V$4$H$K%^%9%3%C%H$r@ZBX$($^$9!#(B
- $BDL>o$O!"(B1$B$D$N%a%K%e!<%;%C%H$NCf$G<!!9$+$o$j$^$9!#(B
- -random $BJ;MQ;~$O(B random $B$K@ZBX$o$j$^$9!#(B
- -allmenu $B>e5-$N@ZBX$($,A4%a%K%e!<$K5Z$S$^$9(B
- -searchpath $B%^%9%3%C%H$*$h$S2;@<%G!<%?$N%5!<%A%Q%9$r;XDj$7$^$9!#(B
- $B%Q%9$O(B : $B$G6h@Z$j$^$9!#(B
- -chainnum $B:?$N8D?t$r;XDj$7$^$9!#(B
- -drawtiming n $BIA2h$r%3%^Mn$A$5$;$^$9!#(Bn $B2s$K0l2s$NIA2h$K$J$j$^$9!#(B
-
-USE_CHAINPAT $B;XDj;~$N$_M-8z(B
-
- -chainpat fname $B:?$NItJ,$N2hA|$rJQ99$7$^$9!#(B
-
-USE_SOUND $B;XDj;~$N$_M-8z(B
-
- -soundcmd $B2;@<:F@8MQ$N%3%^%s%I$r;XDj$7$^$9!#(B
- -soundstart $B5/F0;~$N2;@<%U%!%$%k$r;XDj$7$^$9!#(B
- -soundclick $B%/%j%C%/;~$N2;@<%U%!%$%k$r;XDj$7$^$9!#(B
- -soundend $B=*N;;~$N2;@<%U%!%$%k$r;XDj$7$^$9!#(B
- -soundmail $B%a!<%kCe?.;~$N2;@<%U%!%$%k$r;XDj$7$^$9!#(B
- *$B$3$l$O(B USE_BIFF $B$bI,MW(B
-
-USE_BIFF $B;XDj;~$N$_M-8z(B
-
- -nobiff BIFF $B5!G=$rL58z$K$7$^$9!#(B
- -update sec $BE~CeD4::$N;~4V4V3V$rICC10L$G;XDj$7$^$9!#(B($B%G%U%)%k%H(B30$BIC(B)
- -noonce $B%a!<%k$,E~Ce$9$k$?$S$K%"%/%7%g%s$r5/$3$5$;$^$9(B
- ($B%G%U%)%k%H$G$O!"%a!<%k$r;2>H$7$F!"(Bbiff$B$N5/F0$,2r=|$5$l$F(B
- $B$+$i$G$J$$$H!"(B2$BDL$a0J9_$O%"%/%7%g%s$O8F$P$l$^$;$s(B)
- -biffcmd cmd $B%a!<%kE~Ce$r%A%'%C%/$9$k%3%^%s%I$r;XDj$7$^$9!#(B
- $B$3$l$r;XDj$9$k$H!"%a!<%k%9%W!<%k$O;2>H$7$J$/$J$j$^$9!#(B
- -biffpat fname $B%a!<%kE~Ce$r<($9%0%i%U%#%C%/$N%Q%?!<%s$r;XDj$7$^$9!#(B
- -biffpos str $B%Q%?!<%s$rI=<($9$k0LCV$r;XDj$7$^$9!#(B(left,center,right)
- -biffgeometry geom $BCe?.%a!<%k0lMw$NI=<(%5%$%:$HI=<(0LCV$r;XDj$7$^$9(B
- -bifffilter cmd $BCe?.%a!<%k0lMwI=<($N:]$KDL$9%U%#%k%?%3%^%s%I$r;XDj$7$^$9(B
- -popdowntime sec $BCe?.%a!<%k0lMwI=<($r<+F0E*$K>C$9$^$G$NIC?t$r;XDj$7$^$9!#(B
- 0$B0J2<$N?tCM$K$9$k$H!"<+F0$K>C$($J$/$J$j$^$9!#(B
- -nobifflists $BCe?.%a!<%k0lMwI=<($r$@$7$^$;$s(B( -popdowntime 0 $B$HF1$8(B)
-
-USE_YOUBIN $B;XDj;~$KM-8z(B
-
- -noyoubin yobin $B$rMxMQ$7$J$$(B
- -server host youbin server $B$r;XDj$9$k(B
-
-USE_SHADOW $B;XDj;~$N$_M-8z(B
-
- -shadow n $B1F$rI=<($9$k:]$N!"1F$N$:$l$NNL$r;XDj$7$^$9!#(B
- -noshadow $B1F$r$D$1$^$;$s(B ( -shadow 0 $B$HF1$8(B )
-
-5.$BA`:nJ}K!(B
-
- XMascot $B$N4pK\A`:n$O!"$D$.$NDL$j$G$9!#(B
-
- $B%T%s(B : $B:8%\%?%s(B $B%I%i%C%0(B $B%^%9%3%C%H$N>l=j$r0\F0$G$-$^$9(B
- $B1&%\%?%s(B $B%I%i%C%0(B $B%a%K%e!<$,$G$^$9(B
-
- $BK\BN(B : $B:8%\%?%s(B $B%I%i%C%0(B $B:?$ND9$5$rD4@0$G$-$^$9(B
- $B:8%\%?%s(B $B%/%j%C%/(B $B2CB.$7$^$9(B
- $B1&%\%?%s(B $B%/%j%C%/(B $BEPO?$5$l$?2;@<$r:F@8$7$^$9(B
+ ファイル名を指定した場合、そのファイルをマスコットとして
+ 読み込み表示します。ファイルはサポートされている形式の画像データです。
+ このマスコットは切替えメニュー0番の一番最後に登録されます。
+ ファイル名を指定しない場合は、メニューに登録されたマスコットで起動します。
+
+4.起動時オプション
+
+ -geometry, fg, bg などの 通常のXToolkit のオプションに加えて、
+ 以下のような起動時オプションがあります。
+
+ ★透明色指定オプション Ver2.6 からは削除しました。どうしても
+ 指定したい場合はリソースを利用して下さい。
+
+ -verbose デバッグ用の冗長表示モード
+ -gravity n 重力加速度の指定 単位は cm/sec^2 です。
+ -chainlength n 鎖の長さを指定します。単位は mm
+ -damping n 減衰係数を指定します。0 で揺れが止まらなくなります。
+ -degree n 振り始めの角度を指定します。
+ -menuno n 起動時のメニューの番号を指定します。
+ -no n 起動時のマスコットの番号を指定します。
+ -magnify n マスコットの画像の拡大率を指定します。
+ -pinpat fname ピンの部分の画像を変更します。
+ -random 起動時のマスコットをランダムに指定します。
+ -changetime min 一定時間ごとにマスコットを切替えます。
+ 通常は、1つのメニューセットの中で次々かわります。
+ -random 併用時は random に切替わります。
+ -allmenu 上記の切替えが全メニューに及びます
+ -searchpath マスコットおよび音声データのサーチパスを指定します。
+ パスは : で区切ります。
+ -chainnum 鎖の個数を指定します。
+ -drawtiming n 描画をコマ落ちさせます。n 回に一回の描画になります。
+
+USE_CHAINPAT 指定時のみ有効
+
+ -chainpat fname 鎖の部分の画像を変更します。
+
+USE_SOUND 指定時のみ有効
+
+ -soundcmd 音声再生用のコマンドを指定します。
+ -soundstart 起動時の音声ファイルを指定します。
+ -soundclick クリック時の音声ファイルを指定します。
+ -soundend 終了時の音声ファイルを指定します。
+ -soundmail メール着信時の音声ファイルを指定します。
+ *これは USE_BIFF も必要
+
+USE_BIFF 指定時のみ有効
+
+ -nobiff BIFF 機能を無効にします。
+ -update sec 到着調査の時間間隔を秒単位で指定します。(デフォルト30秒)
+ -noonce メールが到着するたびにアクションを起こさせます
+ (デフォルトでは、メールを参照して、biffの起動が解除されて
+ からでないと、2通め以降はアクションは呼ばれません)
+ -biffcmd cmd メール到着をチェックするコマンドを指定します。
+ これを指定すると、メールスプールは参照しなくなります。
+ -biffpat fname メール到着を示すグラフィックのパターンを指定します。
+ -biffpos str パターンを表示する位置を指定します。(left,center,right)
+ -biffgeometry geom 着信メール一覧の表示サイズと表示位置を指定します
+ -bifffilter cmd 着信メール一覧表示の際に通すフィルタコマンドを指定します
+ -popdowntime sec 着信メール一覧表示を自動的に消すまでの秒数を指定します。
+ 0以下の数値にすると、自動に消えなくなります。
+ -nobifflists 着信メール一覧表示をだしません( -popdowntime 0 と同じ)
+
+USE_YOUBIN 指定時に有効
+
+ -noyoubin yobin を利用しない
+ -server host youbin server を指定する
+
+USE_SHADOW 指定時のみ有効
+
+ -shadow n 影を表示する際の、影のずれの量を指定します。
+ -noshadow 影をつけません ( -shadow 0 と同じ )
+
+5.操作方法
+
+ XMascot の基本操作は、つぎの通りです。
+
+ ピン : 左ボタン ドラッグ マスコットの場所を移動できます
+ 右ボタン ドラッグ メニューがでます
+
+ 本体 : 左ボタン ドラッグ 鎖の長さを調整できます
+ 左ボタン クリック 加速します
+ 右ボタン クリック 登録された音声を再生します
- BIFF $B$NCe?.%^!<%/(B:
- $B:8%\%?%s(B $B%/%j%C%/(B $B0lMwI=<($,>C$($F$$$k>l9g!"I=<($5$;$^$9(B
+ BIFF の着信マーク:
+ 左ボタン クリック 一覧表示が消えている場合、表示させます
-6.$B%a%K%e!<$K$D$$$F(B
+6.メニューについて
- Ver2.5 $B$+$i%a%K%e!<$N;EMM$,$9$3$7JQ99$K$J$j$^$7$?!#(B
- $B$4Cm0U2<$5$$!#(B
+ Ver2.5 からメニューの仕様がすこし変更になりました。
+ ご注意下さい。
- Original Mascot $B%^%9%3%C%HJQ99$N%a%K%e!<$,J#?t$3$3$KJB$Y$k$3$H$,$G$-$^$9!#(B
- ..... $B>\:Y$O%j%=!<%9$K4X$9$kItJ,$r;2>H$7$F2<$5$$!#(B
+ Original Mascot マスコット変更のメニューが複数ここに並べることができます。
+ ..... 詳細はリソースに関する部分を参照して下さい。
- Change Parameter $B=ENO2CB.EY!"8:?j78?t!"1F$NI}!"3HBgN(!":?$N?t$rJQ99$G$-$^$9(B
+ Change Parameter 重力加速度、減衰係数、影の幅、拡大率、鎖の数を変更できます
- Set Alarm/Chime $B%"%i!<%`$N@_Dj$r9T$J$$$^$9(B
+ Set Alarm/Chime アラームの設定を行ないます
- $B%"%i!<%`$O#4<oN`$"$j$^$9!#(B
- (1)$BDj;~$K<B9T(B (Alarm)
- (2)$B0lDj;~4V7P2a$7$?$i0lEY$@$1<B9T(B (Timer)
- (3)$B0lDj;~4VKh$K<B9T(B (Interval)
- (4)$BKh;~(B0/30$BJ,$K<B9T(B (Chime)
+ アラームは4種類あります。
+ (1)定時に実行 (Alarm)
+ (2)一定時間経過したら一度だけ実行 (Timer)
+ (3)一定時間毎に実行 (Interval)
+ (4)毎時0/30分に実行 (Chime)
- $B$^$?!"(BUSE_BIFF$B$,M-8z$J>l9g$O!"%a!<%kCe?.;~$N%"%/%7%g%s$b(B
- $B$3$N%a%K%e!<$+$i@_Dj$7$^$9!#(B
+ また、USE_BIFFが有効な場合は、メール着信時のアクションも
+ このメニューから設定します。
---a--- --b-- ----------c----------- --d---
(*^o^*) 00:00 sound(pipipipi.au) [TEST]
- a. $B$3$N%9%$%C%A$r(B ON ($B9u$/H?E>(B)$B$K$9$k$H!"@_Dj$,M-8z$K$J$j$^$9!#(B
- b. $B;~9o$N@_Dj(B(24$B;~4VI=<((B)$B$G$9!#(B
- $B%?%$%^!<$N>l9g$O%"%/%7%g%s$r$*$3$9$^$G$N;~4V$r(B $BJ,(B:$BIC(B $B$G@_Dj$7$^$9!#(B
- $B%+%C%W%i!<%a%s$r$D$/$k$J$i(B 03:00 $B$G$9!#(B
- c. $B<B9T$5$;$k%"%/%7%g%s$r@_Dj$7$^$9!#%"%/%7%g%s$K$D$$$F$O!"(B
- $B0J9_$N>O$r;2>H$7$F$/$@$5$$(B
- d. $B%"%i!<%`$N%F%9%H$r9T$J$$$^$9(B
+ a. このスイッチを ON (黒く反転)にすると、設定が有効になります。
+ b. 時刻の設定(24時間表示)です。
+ タイマーの場合はアクションをおこすまでの時間を 分:秒 で設定します。
+ カップラーメンをつくるなら 03:00 です。
+ c. 実行させるアクションを設定します。アクションについては、
+ 以降の章を参照してください
+ d. アラームのテストを行ないます
- $B%"%i!<%`$G@_Dj$7$?%G!<%?$O!"%[!<%`%G%#%l%/%H%j$N(B .xmascotrc $B$KJ]B8(B
- $B$5$l$^$9!#(B
+ アラームで設定したデータは、ホームディレクトリの .xmascotrc に保存
+ されます。
- Arrived Mail lists $BCe?.%a!<%k0lMw$r:FI=<($5$;$^$9(B
- About XMascot XMascot $B$NCx:n8"I=<($G$9(B
- Exit Program XMascot $B$r=*N;$7$^$9(B
+ Arrived Mail lists 着信メール一覧を再表示させます
+ About XMascot XMascot の著作権表示です
+ Exit Program XMascot を終了します
-7. Biff $B5!G=$K$D$$$F(B
+7. Biff 機能について
- XMascot $B$O(B biff $B$H$7$F$N5!G=$r$b$C$F$$$^$9!#(B
- $BCe?.%^!<%/$NI=<(!"(BFrom: Subject: $B0lMwI=<(!"%"%/%7%g%s6nF0$r9T$J$$$^$9!#(B
- $B!z(BVer2.5 $B$+$i(B youbin $B%3%^%s%I$N8F$S=P$7$r%5%]!<%H$7$^$7$?(B
+ XMascot は biff としての機能をもっています。
+ 着信マークの表示、From: Subject: 一覧表示、アクション駆動を行ないます。
+ ★Ver2.5 から youbin コマンドの呼び出しをサポートしました
- $BF0:n$O$D$.$N$h$&$K$J$C$F$$$^$9!#(B
+ 動作はつぎのようになっています。
- (1) $B%a!<%k%\%C%/%9$,6u$J$i(B $BCe?.%^!<%/(B $B$H(B From: $B0lMw$r>C5n(B
+ (1) メールボックスが空なら 着信マーク と From: 一覧を消去
- (2) $B%a!<%k$,Mh$?>l9g!"(B
+ (2) メールが来た場合、
- $B5/F08e;O$a$F%a!<%k$,$/$k(B($B5/F0D>8e$K%a!<%k%\%C%/%9$K%a!<%k$,$"$k>l9g$b(B)
- $B$^$?$O(B -noonce $B%*%W%7%g%s$,M-8z$J>l9g$O!"(B
- $B!|%a!<%kCe?.2;@<$N:F@8(B
- $B!|%"%i!<%`%a%K%e!<$G@_Dj$7$?%"%/%7%g%s$r6nF0$9$k!#(B
- $B!|$=$N$"$H!"Ce?.%^!<%/$rI=<((B
+ 起動後始めてメールがくる(起動直後にメールボックスにメールがある場合も)
+ または -noonce オプションが有効な場合は、
+ ●メール着信音声の再生
+ ●アラームメニューで設定したアクションを駆動する。
+ ●そのあと、着信マークを表示
- (3) $B%a!<%k%\%C%/%9$N%5%$%:$,JQ2=$7$?(B($BA}$($?(B/$B8:$C$?(B)$B>l9g$O!"(B
- $B!|0lMwI=;~$rJQ99$7$F:FI=<($9$k(B
+ (3) メールボックスのサイズが変化した(増えた/減った)場合は、
+ ●一覧表時を変更して再表示する
- $B$3$N0lMwI=<($NI=<(>l=j(B/$BBg$-$5$O!"%*%W%7%g%s(B -biffgeometry $B$G(B
- $B;XDj$G$-$^$9!#=q<0$ODL>o$N(B geometry $B$HF1$8$G$9(B
+ この一覧表示の表示場所/大きさは、オプション -biffgeometry で
+ 指定できます。書式は通常の geometry と同じです
- $BNc(B: $B1&2<$9$_(B
+ 例: 右下すみ
% xmascot -biffgeometry 200x100-0-0
- (4) -popdowntime $B$G;XDj$7$?IC?t$7$?$i<+F0E*$K0lMwI=;~$r>C$9(B
- (0$B0J2<$NCM$rM?$($k$H!"<+F0E*$K$O>C$($J$/$J$k(B)
+ (4) -popdowntime で指定した秒数したら自動的に一覧表時を消す
+ (0以下の値を与えると、自動的には消えなくなる)
- $B0lMwI=<(Cf$NAk$K%^%&%9%+!<%=%k$r$$$l$k$H!"<+F0E*$K$O>C$($^$;$s!#(B
+ 一覧表示中の窓にマウスカーソルをいれると、自動的には消えません。
- $BDL>o$O!"%3%s%Q%$%k;~$K;XDj$7$?%a!<%k%\%C%/%9$r;2>H$7$F%A%'%C%/$7$^$9$,!"(B
- $B%*%W%7%g%s(B -biffcmd $B$G30It%3%^%s%I$r;XDj$7$?>l9g$K$O!"$3$N%3%^%s%I(B
- $B$NJV$jCM$GH=Dj$5$l$^$9(B
+ 通常は、コンパイル時に指定したメールボックスを参照してチェックしますが、
+ オプション -biffcmd で外部コマンドを指定した場合には、このコマンド
+ の返り値で判定されます
- $BJVCM(B 1 or $BIi?t(B $B%a!<%k%\%C%/%9$O6u(B
- 0 $B?75,%a!<%k$"$j(B
- 2 $B>uBV$OJQ$o$i$:(B
+ 返値 1 or 負数 メールボックスは空
+ 0 新規メールあり
+ 2 状態は変わらず
- $B30It%3%^%s%I$r;HMQ$7$?>l9g$O!"0lMwI=<($O$=$N%3%^%s%I$NI8=`=PNO(B
- $B$,;HMQ$5$l$^$9!#(B
+ 外部コマンドを使用した場合は、一覧表示はそのコマンドの標準出力
+ が使用されます。
- $B%a!<%k$N0lMwI=<($O!"(B-bifffilter $B$G%U%#%k%?%3%^%s%I$r;XDj$7$F$$$k>l9g(B
- $B$K$O$3$N%3%^%s%I$G%Q%$%W7PM3$G=hM}$7$F$+$iI=<($5$l$^$9!#(B
- $B9q:]2=BP1~$G%3%s%Q%$%k$7$F$$$k>l9g!"E,59%U%#%k%?$r;XDj$9$k$3$H$G!"(B
- $BF|K\8l(B Subject $B$J$I$rI=<($5$;$k$3$H$b2DG=$G$9!#(B
- $B%U%#%k%?$K$O!"(Bnkf $B$J$I$,MxMQ$G$-$^$9!#(B
+ メールの一覧表示は、-bifffilter でフィルタコマンドを指定している場合
+ にはこのコマンドでパイプ経由で処理してから表示されます。
+ 国際化対応でコンパイルしている場合、適宜フィルタを指定することで、
+ 日本語 Subject などを表示させることも可能です。
+ フィルタには、nkf などが利用できます。
- $BNc(B1: JIS $B$N(B Subject: $B$rI=<($5$;$k(B
+ 例1: JIS の Subject: を表示させる
- locale $B$,(B EUC $B$N>l9g(B
+ locale が EUC の場合
% xmascot -bifffilter "nkf -e"
- locale $B$,(B SJIS $B$N>l9g(B
+ locale が SJIS の場合
% xmascot -bifffilter "nkf -s"
- $BNc(B2: From: $B$N(B MIME $B$b%G%3!<%I$5$;$?$$>l9g(B
+ 例2: From: の MIME もデコードさせたい場合
- locale $B$,(B EUC $B$N>l9g(B
+ locale が EUC の場合
% xmascot -bifffilter "nkf -e -m"
- locale $B$,(B SJIS $B$N>l9g(B
+ locale が SJIS の場合
% xmascot -bifffilter "nkf -s -m"
-8.$B%"%/%7%g%s(B
+8.アクション
-$B0J2<$N$h$&$J%"%/%7%g%s$,Dj5A$5$l$F$$$^$9!#(B
-$B%j%=!<%9$GDj5A$9$k$3$H$G!"%^%&%9$d%-!<%\!<%I$G$5$^$6$^$JA`:n$r(B
-$BDj5A$5$;$k$3$H$,$G$-$^$9!#(B.Xdefaults $B$d(B .Xresource $B$NCf$G!"(B
-$BE,59(B translations $B$7$F8fMxMQ2<$5$$!#(B
+以下のようなアクションが定義されています。
+リソースで定義することで、マウスやキーボードでさまざまな操作を
+定義させることができます。.Xdefaults や .Xresource の中で、
+適宜 translations して御利用下さい。
-$B%T%sItJ,$O!"(B XMascot.translations: #override $B$[$K$c$i$i(B
-$B%^%9%3%C%HItJ,$O!"(BXMascot.mascot_base.translations: #override $B$U$K$U$K(B
-$B$G$9!#(B
+ピン部分は、 XMascot.translations: #override ほにゃらら
+マスコット部分は、XMascot.mascot_base.translations: #override ふにふに
+です。
- $BNc(B: $B%T%s$NItJ,$GCf%\%?%s$r%/%j%C%/$7$?$i!"%a%K%e!<$N<!$N(B
- $B%^%9%3%C%H$K$J$C$F!"%/%j%C%/;~$N2;@<$r:F@8$5$;$k!#(B
- $B%-!<%\!<%I$N(B Shift-R $B$r2!$7$?$i!"%i%s%@%`$K%^%9%3%C%H$,JQ$o$k(B
+ 例: ピンの部分で中ボタンをクリックしたら、メニューの次の
+ マスコットになって、クリック時の音声を再生させる。
+ キーボードの Shift-R を押したら、ランダムにマスコットが変わる
- .Xdefaults $B$K<!$N$h$&$K2C$($^$9!#(B
+ .Xdefaults に次のように加えます。
XMascot.translations: #override <Btn2Up>: chg_next() snd_click()\n\
Shift<Key>R: chg_random() snd_click()
- $B%"%/%7%g%s$NDj5A$N>\:Y$O!"(BX$B$K4X$9$k=q@R$J$I$r;2>H$7$F2<$5$$!#(B
+ アクションの定義の詳細は、Xに関する書籍などを参照して下さい。
-$B$^$?!"%"%i!<%`$N@_Dj$b%"%/%7%g%s$G5-=R$7$^$9!#(B
+また、アラームの設定もアクションで記述します。
-$BNc(B: $B;~4V$,Mh$?$i!"%^%9%3%C%H$,%a%K%e!<$N<!$N$b$N$K$J$C$F!"(B
- $BMI$l;O$a$k!#(B
+例: 時間が来たら、マスコットがメニューの次のものになって、
+ 揺れ始める。
chg_next() start_move()
- $B;~4V$,Mh$?$i!"%A%c%$%`$r$J$i$9!#(B(pipipipi.au $B$,I,MW(B)
+ 時間が来たら、チャイムをならす。(pipipipi.au が必要)
sound(pipipipi.au)
-$B%"%/%7%g%s0lMw(B
-
- quit $B%W%m%0%i%`$r=*N;$7$^$9(B
- change(num,[menu]) $B%a%K%e!<(B menu $B$N(B num $BHV$N%^%9%3%C%H$KJQ99$7$^$9(B
- chg_file(fname [,title]) fname $B$N%U%!%$%k$r%^%9%3%C%H$H$7$F(B
- $B$h$_$3$_$^$9!#(B
- $B$3$l$O%a%K%e!<$N0lHV2<$KEPO?$5$l$^$9!#(B
- chg_next $B%^%9%3%C%H$r%a%K%e!<$N<!$N%(%s%H%j$N(B
- $B$b$N$KJQ99$7$^$9!#(B
- chg_next_all $B$9$Y$F$N%a%K%e!<$r4^$a$F<!$N%(%s%H%j$K$7$^$9(B
- chg_random $B%^%9%3%C%H$r%i%s%@%`$KJQ99$7$^$9(B
- chg_random_all $B$9$Y$F$N%a%K%e!<$r4^$a$F<!$N%(%s%H%j$K$7$^$9(B
- start_move $B%^%9%3%C%H$r$9$3$72CB.$5$;$^$9!#(B
- $B;_$^$C$F$$$?$iMI$l;O$a$^$9!#(B
- sound(fname1,...) $B2;@<%U%!%$%k$rO"B3:F@8$7$^$9!#(B
- snd_start $B3+;O;~2;@<$r:F@8$7$^$9!#(B
- snd_click $B%/%j%C%/;~2;@<$r:F@8$7$^$9!#(B
- snd_end $B=*N;;~2;@<$r:F@8$7$^$9!#(B
- snd_mail $B%a!<%kCe?.2;@<$r:F@8$7$^$9!#(B
-
- system(cmdline) $B30It%3%^%s%I$r<B9T$7$^$9!#(B
- chg_param(param1,dat1,..) $B%Q%i%a!<%?$rJQ99$5$;$^$9!#(B
- $BJQ99$G$-$k%Q%i%a!<%?$O$D$.$N$H$*$j$G$9!#(B
- grav $B=ENODj?t(B
- dump $B8:?j78?t(B
- mag $B3HBgN((B
- clen $B:?$ND9$5(B
+アクション一覧
+
+ quit プログラムを終了します
+ change(num,[menu]) メニュー menu の num 番のマスコットに変更します
+ chg_file(fname [,title]) fname のファイルをマスコットとして
+ よみこみます。
+ これはメニューの一番下に登録されます。
+ chg_next マスコットをメニューの次のエントリの
+ ものに変更します。
+ chg_next_all すべてのメニューを含めて次のエントリにします
+ chg_random マスコットをランダムに変更します
+ chg_random_all すべてのメニューを含めて次のエントリにします
+ start_move マスコットをすこし加速させます。
+ 止まっていたら揺れ始めます。
+ sound(fname1,...) 音声ファイルを連続再生します。
+ snd_start 開始時音声を再生します。
+ snd_click クリック時音声を再生します。
+ snd_end 終了時音声を再生します。
+ snd_mail メール着信音声を再生します。
+
+ system(cmdline) 外部コマンドを実行します。
+ chg_param(param1,dat1,..) パラメータを変更させます。
+ 変更できるパラメータはつぎのとおりです。
+ grav 重力定数
+ dump 減衰係数
+ mag 拡大率
+ clen 鎖の長さ
- bell(param) $B%Y%k$r$J$i$7$^$9!#$3$N%Y%k$O(B XBell $B$rMQ$$$F$*$j!"(B
- USE_SOUND $B$H$OL54X78$G$9!#(Bparam$B$O(B -100$B$+$i(B100
- $B$N4V$G;XDj$7$^$9!#(B
+ bell(param) ベルをならします。このベルは XBell を用いており、
+ USE_SOUND とは無関係です。paramは -100から100
+ の間で指定します。
- showbiff $B%a!<%k0lMwI=<($r=P$7$^$9(B
+ showbiff メール一覧表示を出します
-9.$B%j%=!<%9(B
+9.リソース
- $B$=$l$>$l$N%*%W%7%g%s$KBP1~$7$?%j%=!<%9$,$"$j$^$9!#(B
- $B$=$l$i$K$D$$$F$O!"(BXMascot.ad.sed $B$J$I$r;2>H$7$F2<$5$$!#(B
+ それぞれのオプションに対応したリソースがあります。
+ それらについては、XMascot.ad.sed などを参照して下さい。
- $B%^%9%3%C%H$NEPO?$K$O0J2<$N$h$&$J%j%=!<%9$r@_Dj$7$^$9!#(B
+ マスコットの登録には以下のようなリソースを設定します。
- *menusNum: 1 !$B%a%K%e!<%;%C%H$N8D?t$N;XDj(B
+ *menusNum: 1 !メニューセットの個数の指定
- *menu0.title: $B$M$3$5$s$a$K$e!<(B !1$B$D$a$N%a%K%e!<$N%?%$%H%k(B
- *menu0.numsOfMenu: 10 !$B%a%K%e!<$K4^$^$l$k%^%9%3%C%H$N8D?t(B
+ *menu0.title: ねこさんめにゅー !1つめのメニューのタイトル
+ *menu0.numsOfMenu: 10 !メニューに含まれるマスコットの個数
- $B%a%K%e!<$KEPO?$9$k%^%9%3%C%H$N?t$r;XDj$7$^$9(B
+ メニューに登録するマスコットの数を指定します
- *menu0.masDat0.title: Neko Nyan Nyan !$B%^%9%3%C%H$NL>A0(B
- *menu0.masDat0.filename: neko.ppm !$B%U%!%$%kL>(B
- *menu0.masDat0.startSnd: nyan1.raw !$B5/F0;~2;@<(B
- *menu0.masDat0.clickSnd: nyan2.raw !$B%/%j%C%/;~2;@<(B
- *menu0.masDat0.endSnd: nyan3.raw !$B=*N;;~2;@<(B
- *menu0.masDat0.mailSnd: nyan4.raw !$B%a!<%kCe?.;~2;@<(B
-!*menu0.masDat0.rgb0: ffffff !$BF)L@?'(B(for ppm)
-!*menu0.masDat0.col0: 15 !$BF)L@?'(B(for mag)
- *menu0.masDat0.magnify: 1.0 !$B3HBgN((B
- *menu0.masDat0.biffPos: right !$B%a!<%kCe?.%^!<%/$NI=<(0LCV(B
+ *menu0.masDat0.title: Neko Nyan Nyan !マスコットの名前
+ *menu0.masDat0.filename: neko.ppm !ファイル名
+ *menu0.masDat0.startSnd: nyan1.raw !起動時音声
+ *menu0.masDat0.clickSnd: nyan2.raw !クリック時音声
+ *menu0.masDat0.endSnd: nyan3.raw !終了時音声
+ *menu0.masDat0.mailSnd: nyan4.raw !メール着信時音声
+!*menu0.masDat0.rgb0: ffffff !透明色(for ppm)
+!*menu0.masDat0.col0: 15 !透明色(for mag)
+ *menu0.masDat0.magnify: 1.0 !拡大率
+ *menu0.masDat0.biffPos: right !メール着信マークの表示位置
- menu$B$N8e$N?tCM$,%a%K%e!<$NHV9f$G$9!#(B
- masDat$B$N$"$H$N?tCM$,%^%9%3%C%H$NHV9f$G$9!#(B(0$B$+$i;O$^$j$^$9(B)
+ menuの後の数値がメニューの番号です。
+ masDatのあとの数値がマスコットの番号です。(0から始まります)
- $B$J$*!"=>Mh(B (Ver2.4$B0JA0(B)$B$N%a%K%e!<HV9f$N$J$$5-=R$O!"(B
- 0$BHV$N%a%K%e!<$r>e=q$-$9$k$h$&$K$J$C$F$^$9!#(B
+ なお、従来 (Ver2.4以前)のメニュー番号のない記述は、
+ 0番のメニューを上書きするようになってます。
-10.$BCx:n8"$K$D$$$F(B
+10.著作権について
- $B!&K\%=%U%H%&%'%"$O%U%j!<%=%U%H%&%'%"$G$9!#(B
- $B2~JQ$7$J$$$^$?$O$7$?7A$G$N!"%=!<%9$H$7$F$NG[I[$*$h$S%P%$%J%j$H$7$F$NG[I[(B
- $B$9$Y$F$rG'$a$^$9!#$?$@$7!"Cx:n8"$NI=<($OJQ99$7$J$$$G2<$5$$!#(B
- $B!&K\%=%U%H%&%'%"$NCx:n8"$O(B $BEOn4(B $B9d(B $B$*$h$S!"HSED(B $B9d(B $B$,J]M-$7$^$9!#(B
- $B!&K\%=%U%H%&%'%"$HF1;~$KG[I[$5$l$k%5%s%W%k$N%^%9%3%C%H$N2hA|%G!<%?(B
- $B$NCx:n8"$O!"0J2<$N<T$,J]M-$7$^$9!#(B
+ ・本ソフトウェアはフリーソフトウェアです。
+ 改変しないまたはした形での、ソースとしての配布およびバイナリとしての配布
+ すべてを認めます。ただし、著作権の表示は変更しないで下さい。
+ ・本ソフトウェアの著作権は 渡邊 剛 および、飯田 剛 が保有します。
+ ・本ソフトウェアと同時に配布されるサンプルのマスコットの画像データ
+ の著作権は、以下の者が保有します。
inu.mag / kuma.mag / neko.mag
neko2.mag / pen.mag /teru.mag
fish.mag / rabi.mag /saru.mag
- monohosi.mag / $BKRLn(B $BDp;N(B (makino@cclub.tutcc.tut.ac.jp)
+ monohosi.mag / 牧野 悌士 (makino@cclub.tutcc.tut.ac.jp)
- $B!&K\%=%U%H%&%'%"$r>&MQ;HMQ$7$F6bA,E*Mx1W$rF@$k9T0Y$O6X;_$7$^$9!#(B
- $B!&K\%=%U%H%&%'%"$OL5J]>Z$G$"$j!"$3$N;HMQ$K$h$C$F@8$8$?$$$+$J$kB;32$N@U$b!"(B
- $BCx:n8"<T$OIi$o$J$$$b$N$H$7$^$9!#$3$l$K9g0U$G$-$J$$>l9g$O!"K\%=%U%H$N(B
- $B;HMQ$rG'$a$^$;$s!#(B
+ ・本ソフトウェアを商用使用して金銭的利益を得る行為は禁止します。
+ ・本ソフトウェアは無保証であり、この使用によって生じたいかなる損害の責も、
+ 著作権者は負わないものとします。これに合意できない場合は、本ソフトの
+ 使用を認めません。
- $B:n<T$+$i$N$*4j$$(B
- $BK\%=%U%H%&%'%"$r;(;o$J$I$G>R2p$7$?$$!"$^$?IUO?$K<}O?$7$?$$$J$I$N>l9g$O(B
- $B$J$k$Y$/Cx:n8"<T$KO"Mm$7$F$/$@$5$$!#(B
- # $B$I$&$$$&>l=j$G>R2p$5$l$?$+CN$j$?$$$J$!$H$$$&4uK>$G$9!#6/@)$G$O$"$j$^$;$s(B
+ 作者からのお願い
+ 本ソフトウェアを雑誌などで紹介したい、また付録に収録したいなどの場合は
+ なるべく著作権者に連絡してください。
+ # どういう場所で紹介されたか知りたいなぁという希望です。強制ではありません
- $B3F<o(B PC-UNIX($B$K8B$i$:$G$9$,(B)$B$J$I$N%=%U%H%&%'%"%Q%C%1!<%8$H$7$F(B
- $B<}O?$5$l$F$$$k$J$I$N>l9g$OFC$KO"Mm$OI,MW$"$j$^$;$s!#(B
- # $B:G=i$K%Q%C%1!<%8$KDI2C$9$k$H$+$N>l9g$OO"Mm$"$k$H$&$l$7$$$+$b(B
- # FreeBSD packages, Linux JG, Debian-JP $B$J$I$J$I!#(B
+ 各種 PC-UNIX(に限らずですが)などのソフトウェアパッケージとして
+ 収録されているなどの場合は特に連絡は必要ありません。
+ # 最初にパッケージに追加するとかの場合は連絡あるとうれしいかも
+ # FreeBSD packages, Linux JG, Debian-JP などなど。
- $BCx:n8"<T$X$NO"Mm$O!"0J2<$N%"%I%l%9$X$N(B E-mail $B$G9T$J$C$F2<$5$$!#(B
+ 著作権者への連絡は、以下のアドレスへの E-mail で行なって下さい。
- go@cclub.tutcc.tut.ac.jp $BEOn4(B $B9d(B (Go Watanabe)
+ go@cclub.tutcc.tut.ac.jp 渡邊 剛 (Go Watanabe)
- $B$J$*!"K\%=%U%H$O%U%j!<$G$9$,!"(B $B%S!<%k7t!"3FCO$NL>;:IJEy$"$i$f$k(B
- $B<oN`$N4sIU$O>o;~<u$1IU$1$F$*$j$^$9!#(B
- $B4sIU$r$7$?$+$i$H$$$C$F%5%]!<%H$,$"$k$o$1$G$O$"$j$^$;$s$,!"(B
- $B2f!9$NAO:n0UM_$N86F0NO$K$J$k$+$b$7$l$^$;$s(B :-)
+ なお、本ソフトはフリーですが、 ビール券、各地の名産品等あらゆる
+ 種類の寄付は常時受け付けております。
+ 寄付をしたからといってサポートがあるわけではありませんが、
+ 我々の創作意欲の原動力になるかもしれません :-)
- $B$J$K$+4sIU$7$?$$$H$$$&J}$O!"(B
+ なにか寄付したいという方は、
- 441 $B0&CN8)K-66;TE7GlD.1@?}%v5V(B1-1
- $BK-665;=Q2J3XBg3X(B $B%3%s%T%e!<%?%/%i%V(B
+ 441 愛知県豊橋市天伯町雲雀ヶ丘1-1
+ 豊橋技術科学大学 コンピュータクラブ
- $B$"$F$KAw$k$+!">e5-%"%I%l%9$KO"Mm2<$5$$!#(B
+ あてに送るか、上記アドレスに連絡下さい。
-11. $B<U<-(B
+11. 謝辞
- $BK\%=%U%H$r$D$/$k$-$C$+$1$H$J$C$?!"(B
- $B!V$H$-$a$-%a%b%j%"%k!W(BPS$BHG(B (c)1995 KONAMI
- $B$N:n@.<T$NJ}!9$K46<U$7$^$9!#Hs>o$K3Z$7$^$;$F$$$?$@$-$^$7$?!#(B
+ 本ソフトをつくるきっかけとなった、
+ 「ときめきメモリアル」PS版 (c)1995 KONAMI
+ の作成者の方々に感謝します。非常に楽しませていただきました。
- $B$J$^$"$?$?$+$$L\$G8+<i$C$F$/$l$?(B TUT-CCLUB $B$N%a%s%P!<$K46<U$7$^$9!#(B(^^;;
+ なまあたたかい目で見守ってくれた TUT-CCLUB のメンバーに感謝します。(^^;;
- SPECIAL THANKS -
- YOUBIN $B$NItJ,$O!"5HED!wK-665;2JBg$5$s$+$i$$$?$@$$$?%Q%C%A$r(B
- $B$b$H$K$7$F:n@.$7$^$7$?!#$"$j$,$H$&$4$6$$$^$7$?!#(B
+ YOUBIN の部分は、吉田@豊橋技科大さんからいただいたパッチを
+ もとにして作成しました。ありがとうございました。
- $B2;@<$rDs6!$7$F$$$?$@$$$?(B "$B$"$k(BXMascot$B0&9%<T$NJ}(B"
- $B!z2;@<$K4X$9$k46A[$J$I$O!";d(B($B$4$&(B)$B$KAw$C$F$$$?$@$1$l$PE>Aw$7$^$9!#(B
+ 音声を提供していただいた "あるXMascot愛好者の方"
+ ★音声に関する感想などは、私(ごう)に送っていただければ転送します。
- $BBgNL$N%P%0$H$j$KBgI}$K6(NO$7$F$$$?$@$$$?!"(B
+ 大量のバグとりに大幅に協力していただいた、
- $B$_$d$O$i!w6e9)Bg$5$s(B
- $B#S#i#a#n!wElBg6p>l$5$s(B
+ みやはら@九工大さん
+ Sian@東大駒場さん
- $B$$$m$$$m$"$j$,$H$&$4$6$$$^$7$?!#(B
+ いろいろありがとうございました。
- $B$446A[!"$4MWK>$r$h$;$F$$$?$@$$$?3'MM$K46<U$7$^$9!#(Bm(_ _)m
+ ご感想、ご要望をよせていただいた皆様に感謝します。m(_ _)m
-12. $B$=$NB>(B
+12. その他
- $B%P%0%j%]!<%H!"%Q%C%A!"%=!<%9$,1x$$$H$NJ86g!"46A[!"MWK>Ey$O!">e5-%"%I%l%9$+!"(B
- $B%[!<%`%Z!<%8(B( URL: http://cclub.tutcc.tut.ac.jp/xmascot/ )
- $B$K$*4s$;2<$5$$!#(B
+ バグリポート、パッチ、ソースが汚いとの文句、感想、要望等は、上記アドレスか、
+ ホームページ( URL: http://cclub.tutcc.tut.ac.jp/xmascot/ )
+ にお寄せ下さい。
13. TO DO
- $B$-$l$$$J%=!<%9%3!<%I(B($B1J1s$N2]Bj(B)
- global $BJQ?t$K$5$h$&$J$i(B
- $B??LLL\$J%(%i!<=hM}(B
- $BBP1~2hA|%U%)!<%^%C%H$NDI2C(B
+ きれいなソースコード(永遠の課題)
+ global 変数にさようなら
+ 真面目なエラー処理
+ 対応画像フォーマットの追加
and so on...
diff --git a/XMascot-faq.jp b/XMascot-faq.jp
index 76b1564..772c8b8 100644
--- a/XMascot-faq.jp
+++ b/XMascot-faq.jp
@@ -9,392 +9,392 @@
====================================================================*/
=======
- $BL\<!(B
+ 目次
=======
-------------
-Q1 $B4pK\E*<ALd(B
+Q1 基本的質問
-Q1.1 FAQ$B$C$F$J$s$G$9$+!)(B
-Q1.2 $B$J$<!"(BFAQ$B$,E:IU$5$l$F$$$k$N$G$9$+!)(B
+Q1.1 FAQってなんですか?
+Q1.2 なぜ、FAQが添付されているのですか?
------------------
-Q2 XMascot$B$K$D$$$F(B
+Q2 XMascotについて
-Q2.1 XMascot $B$C$F$J$s$G$9$+!)(B
-Q2.2 $B$3$l$O$$$C$?$$2?$K;H$&$?$a$N$b$N$J$N$G$7$g$&$+!)(B
-Q2.3 XMascot $B$O$I$3$GF~<j$G$-$^$9$+!)(B
-Q2.4 $B$J$s$@$+=E$?$$$s$G$9$1$I(B....
-Q2.5 $B%+%i!<$N4D6-$J$N$K?'$,=P$J$$$s$G$9$,(B...
-Q2.6 MS-WINDOWS $B$d(B Machintosh $B$G$OF0$+$J$$$N$G$7$g$&$+!)(B
+Q2.1 XMascot ってなんですか?
+Q2.2 これはいったい何に使うためのものなのでしょうか?
+Q2.3 XMascot はどこで入手できますか?
+Q2.4 なんだか重たいんですけど....
+Q2.5 カラーの環境なのに色が出ないんですが...
+Q2.6 MS-WINDOWS や Machintosh では動かないのでしょうか?
---------------------
-Q3 $B%Q%i%a!<%?$K$D$$$F(B
+Q3 パラメータについて
-Q3.1 $B=ENO2CB.EY$O!"$I$s$J0UL#$,$"$k$N$G$7$g$&$+!)(B
-Q3.2 $B8:?j78?t$O!"$I$s$J0UL#$,$"$k$N$G$7$g$&$+!)(B
-Q3.3 $B$^$o$k$H$$$&1=$rJ9$$$?$s$G$9$,!"??56$N$[$I$O$I$&$J$s$G$7$g$&$+!)(B
-Q3.4 $BM'C#$N$O$J$s$@$+;d$N$h$jBg$-$$5$$,$9$k$N$G$9$,!"5$$N$;$$$G$7$g$&$+!)(B
-Q3.5 $B%T%s$d%a%$%k!":?$N3($O!"JQ99$G$-$J$$$N$G$7$g$&$+!)(B
-Q3.6 $BGX7J$,F)L@$K$J$i$J$$$N$G$9$,!"$J$<$G$7$g$&!)(B
-Q3.7 $B5/F0$9$k$H$-$N%^%9%3%C%H$OJQ99$G$-$J$$$N$G$7$g$&$+!)(B
+Q3.1 重力加速度は、どんな意味があるのでしょうか?
+Q3.2 減衰係数は、どんな意味があるのでしょうか?
+Q3.3 まわるという噂を聞いたんですが、真偽のほどはどうなんでしょうか?
+Q3.4 友達のはなんだか私のより大きい気がするのですが、気のせいでしょうか?
+Q3.5 ピンやメイル、鎖の絵は、変更できないのでしょうか?
+Q3.6 背景が透明にならないのですが、なぜでしょう?
+Q3.7 起動するときのマスコットは変更できないのでしょうか?
-----------------------------
-Q4 $B%^%9%3%C%H$N%G!<%?$K$D$$$F(B
+Q4 マスコットのデータについて
-Q4.1 $B%^%9%3%C%H$K$G$-$k$N$O!"$I$s$J%G!<%?$G$7$g$&$+!)(B
-Q4.2 $BM'C#$N%G!<%?$O;d$N$b$N$H0c$&$s$G$9$,!"B>$K%^%9%3%C%H$,$"$k$N$G$7$g$&$+!)(B
-Q4.3 $B<+J,$G%^%9%3%C%H%G!<%?$r:n$j$?$$$N$G$9$,(B...
+Q4.1 マスコットにできるのは、どんなデータでしょうか?
+Q4.2 友達のデータは私のものと違うんですが、他にマスコットがあるのでしょうか?
+Q4.3 自分でマスコットデータを作りたいのですが...
-------------------
-Q5 $B2;@<5!G=$K$D$$$F(B
+Q5 音声機能について
-Q5.1 $BM'?M$N%^%9%3%C%H$OC}$k$i$7$$$N$G$9$,!"$I$s$J5;$r;H$C$F$$$k$N$G$7$g$&!)(B
-Q5.2 $B2;@<$N;H$$J,$1$O!"$I$&$J$C$F$$$k$N$G$7$g$&!)(B
-Q5.3 $B$J$<!"2;@<%G!<%?$,>/$J$$$s$G$9$+!)(B
+Q5.1 友人のマスコットは喋るらしいのですが、どんな技を使っているのでしょう?
+Q5.2 音声の使い分けは、どうなっているのでしょう?
+Q5.3 なぜ、音声データが少ないんですか?
-----------------------
-Q6 $B%"%i!<%`5!G=$K$D$$$F(B
+Q6 アラーム機能について
-Q6.1 $B$I$s$J%"%i!<%`$,;H$($k$N$G$7$g$&$+!)(B
-Q6.2 $B$I$s$JF0:n$,;XDj$G$-$k$N$G$7$g$&$+!)(B
+Q6.1 どんなアラームが使えるのでしょうか?
+Q6.2 どんな動作が指定できるのでしょうか?
-----------------------------------
-Q7 BIFF($B%a%$%k$*CN$i$;(B)$B5!G=$K$D$$$F(B
+Q7 BIFF(メイルお知らせ)機能について
-Q7.1 $B$I$N$h$&$KCN$i$;$F$/$l$k$N$G$7$g$&$+!)(B
-Q7.2 JIS $B$d(B MIME $B$N%X%C%@$OI=<($G$-$J$$$N$G$7$g$&$+!)(B
-Q7.3 $B0lMwI=<($NI=<(0LCV$rJQ99$7$?$$$N$G$9$,(B
-Q7.4 $B0lMwI=<($rI=<($7$?$^$^$K$7$?$$$N$G$9$,(B
-Q7.5 POP $B$d(B youbin $B$OMxMQ$G$-$J$$$N$G$7$g$&$+!)(B
+Q7.1 どのように知らせてくれるのでしょうか?
+Q7.2 JIS や MIME のヘッダは表示できないのでしょうか?
+Q7.3 一覧表示の表示位置を変更したいのですが
+Q7.4 一覧表示を表示したままにしたいのですが
+Q7.5 POP や youbin は利用できないのでしょうか?
---------
-Q8 $B$=$NB>(B
+Q8 その他
-Q8.1 $B$J$<!"%^%9%3%C%H$,(B13$B8D$J$s$G$9$+!)(B
-Q8.2 $B$H$-$a$-%a%b%j%"%k$C$F$J$s$G$9$+!)(B
-Q8.3 $B$3$N(BFAQ$B$C$FC/$,=q$$$?$s$G$9$+!)(B
-Q8.4 $BC/$,$3$s$J$K<ALd$7$?$s$G$9$+!)(B
+Q8.1 なぜ、マスコットが13個なんですか?
+Q8.2 ときめきメモリアルってなんですか?
+Q8.3 このFAQって誰が書いたんですか?
+Q8.4 誰がこんなに質問したんですか?
===============
- Q1 $B4pK\E*<ALd(B
+ Q1 基本的質問
===============
-Q1.1 FAQ$B$C$F$J$s$G$9$+!)(B
+Q1.1 FAQってなんですか?
- FAQ$B$H$O!"(BFrequently Asked Questions$B$NN,$G$9!#(B
- $B$h$/$"$k<ALd$H$=$NEz$K$D$$$F$^$H$a$?$b$N$G$9!#(B
- $B$A$J$_$K!"(BFAQ$B$r!V%U%!%C%/!W$HH/2;$9$k$N$O!"$"$^$j$h$m$7$/$J$$$h$&$G$9!#(B
- $B!J(BFuck$B$HJ9$3$($k!)!K(B $BF|K\8lIw$K8@$&$H!V%(%U!&%(!<!&%-%e!<!W$HH/2;$9$k$N$,(B
- $B$h$$$G$7$g$&!#(B
+ FAQとは、Frequently Asked Questionsの略です。
+ よくある質問とその答についてまとめたものです。
+ ちなみに、FAQを「ファック」と発音するのは、あまりよろしくないようです。
+ (Fuckと聞こえる?) 日本語風に言うと「エフ・エー・キュー」と発音するのが
+ よいでしょう。
-Q1.2 $B$J$<!"(B FAQ$B$,E:IU$5$l$F$$$k$N$G$9$+!)(B
+Q1.2 なぜ、 FAQが添付されているのですか?
- $B<qL#$G$9!#(B
- $B$"$/$^$G$b$*$^$1$J$N$G!":$$C$?;~$O(B README.jp $B$N$[$&$r$h$/FI$_$^$7$g$&!#(B
+ 趣味です。
+ あくまでもおまけなので、困った時は README.jp のほうをよく読みましょう。
====================
- Q2 XMascot$B$K$D$$$F(B
+ Q2 XMascotについて
====================
-Q2.1 XMascot $B$C$F$J$s$G$9$+!)(B
+Q2.1 XMascot ってなんですか?
- XMascot $B$O!"(BX Window System $B$N2hLL>e$K2D0&$$%^%9%3%C%H$rI=<($9$k(B
- $B%W%m%0%i%`$G$9!#(B
- $B9%$-$J2hA|!J(BQ4.1$B;2>H!K$r%^%9%3%C%H$H$7$FI=<($G$-$^$9!#(B
- $B%W%j%A!<$KMI$l$^$9!#(B
- $BC}$C$?$j$b$7$^$9!J$"$J$?$N4D6-$G:F@82DG=$J%G!<%?!u%W%l%$%d$rMQ0U$7$^$7$g$&!K!#(B
- $B%"%i!<%`$K$b$J$j$^$9!#(B
- $B%a!<%k$NE~Ce$bCN$i$;$F$/$l$^$9!#(B
+ XMascot は、X Window System の画面上に可愛いマスコットを表示する
+ プログラムです。
+ 好きな画像(Q4.1参照)をマスコットとして表示できます。
+ プリチーに揺れます。
+ 喋ったりもします(あなたの環境で再生可能なデータ&プレイヤを用意しましょう)。
+ アラームにもなります。
+ メールの到着も知らせてくれます。
-Q2.2 $B$3$l$O$$$C$?$$2?$K;H$&$?$a$N$b$N$J$N$G$7$g$&$+!)(B
+Q2.2 これはいったい何に使うためのものなのでしょうか?
- 1.$B$"$J$?$N9%$_$N2hA|$r%^%9%3%C%H$H$7$F>~$k$?$a$K(B
- 2.$B$"$J$?$N(B X Window System $B$N2hLL$,<d$7$/46$8$?;~$K(B
- 3.$B$"$J$?$N%^%7%s%Q%o!<$,M>$C$F$$$F$b$C$?$$$J$/46$8$?;~$K(B
- 4.$B%+%C%W%i!<%a%s$N%?%$%^!<$K(B
- 5.$BL\3P$7;~7W$K(B
- 6.BIFF$B$H$7$F(B
- 7.$BOCAj<j$K(B...($B$"$V$J$$$J(B...)
- 8.$B$=$NB>!";H$$J}$$$m$$$m(B (^^;
+ 1.あなたの好みの画像をマスコットとして飾るために
+ 2.あなたの X Window System の画面が寂しく感じた時に
+ 3.あなたのマシンパワーが余っていてもったいなく感じた時に
+ 4.カップラーメンのタイマーに
+ 5.目覚し時計に
+ 6.BIFFとして
+ 7.話相手に...(あぶないな...)
+ 8.その他、使い方いろいろ (^^;
-Q2.3 XMascot $B$O$I$3$GF~<j$G$-$^$9$+!)(B
+Q2.3 XMascot はどこで入手できますか?
ftp://cclub.tutcc.tut.ac.jp/pub/xmascot/
- $B$+$i!"(Banonymous ftp $B$GF~<j$G$-$^$9!#(B
+ から、anonymous ftp で入手できます。
- $B$^$?!"(Bhttp://cclub.tutcc.tut.ac.jp/xmascot/
- $B$K%[!<%`%Z!<%8$b$"$j$^$9!#(B
- $B$I$&$>8fMw$/$@$5$$!#(B
+ また、http://cclub.tutcc.tut.ac.jp/xmascot/
+ にホームページもあります。
+ どうぞ御覧ください。
-Q2.4 $B$J$s$@$+=E$?$$$s$G$9$1$I(B....
+Q2.4 なんだか重たいんですけど....
- $B$"$J$?$N%^%7%s$O(B XMascot $B$H$N%7%s%/%mN($,Dc$$$h$&$G$9(B ($BFf(B)
- XMascot $B$KIi$1$J$$$0$i$$%Q%o%U%j%c!<$J%^%7%s$G;H$&$3$H$r$*4+$a$7$^$9!#(B
+ あなたのマシンは XMascot とのシンクロ率が低いようです (謎)
+ XMascot に負けないぐらいパワフリャーなマシンで使うことをお勧めします。
- $B$*$^$1!X$=$s$J%Q%o%U%j%c$J%^%7%s$J$$$G$9!#$G$b;H$$$?$$!Y$C$F?M$X$NBP=hK!!#(B
- $B$=$N(B 0. -drawtimng $B%*%W%7%g%s$r$D$+$C$F%3%^Mn$A$5$;$k(B
- $B$=$N(B 1. $B1F$O$D$1$J$$!#(BUSE_SHADOW $B$r$D$1$:$K%3%s%Q%$%k$9$k(B
- $B$^$?$O!"(B-noshadow $B%*%W%7%g%s$r$D$1$k!#(B
- $B$=$N(B 2. -mag 0.1 $B$C$F%*%W%7%g%s$r;XDj$7$F5/F0$9$k!#(B(^_^;
- $B$=$N(B 3. USE_CHAINPAT $B$r;H$o$:$K%3%s%Q%$%k$9$k!#(B
- $B$=$N(B 4. Imakefile $B$N(B -DSHAPE $B$C$F$N$r>C$7$F%3%s%Q%$%k$9$k!#(B(;_;)
+ おまけ『そんなパワフリャなマシンないです。でも使いたい』って人への対処法。
+ その 0. -drawtimng オプションをつかってコマ落ちさせる
+ その 1. 影はつけない。USE_SHADOW をつけずにコンパイルする
+ または、-noshadow オプションをつける。
+ その 2. -mag 0.1 ってオプションを指定して起動する。(^_^;
+ その 3. USE_CHAINPAT を使わずにコンパイルする。
+ その 4. Imakefile の -DSHAPE ってのを消してコンパイルする。(;_;)
-Q2.5 $B%+%i!<$N4D6-$J$N$K?'$,=P$J$$$s$G$9$,(B...
+Q2.5 カラーの環境なのに色が出ないんですが...
- X$B%"%W%j%1!<%7%g%s$N$J$+$K$O!"BgNL$N?';q8;$r0l?M@j$a$9$k$b$N$,$"$j$^$9!#(B
- $B$3$N$h$&$J%"%W%j%1!<%7%g%s$N;HMQCf$K(B XMascot $B$r5/F0$9$k$HI,MW$J?'$r3MF@(B
- $B$G$-$J$$$3$H$,$"$j$^$9!#(B
- $B@h$K5/F0$9$l$P>!$A(B...
+ Xアプリケーションのなかには、大量の色資源を一人占めするものがあります。
+ このようなアプリケーションの使用中に XMascot を起動すると必要な色を獲得
+ できないことがあります。
+ 先に起動すれば勝ち...
- $B$H$$$&$N$,!"(BVer2.3 $B$^$G$N2sEz$G$7$?$,!"(BVer2.4 $B$O$9$3$76/$/$J$j$^$7$?!#(B
- $B?'$N<hF@$K<:GT$7$?>l9g!"$G$-$k$@$16a$$?'$r$b$C$F$3$h$&$H$7$^$9!#(B
- $B$3$l$G>/$7?'$OJQ$K$J$j$^$9$,!"??$CGr$K$J$k$3$H$O$J$$$H;W$$$^$9!#(B
+ というのが、Ver2.3 までの回答でしたが、Ver2.4 はすこし強くなりました。
+ 色の取得に失敗した場合、できるだけ近い色をもってこようとします。
+ これで少し色は変になりますが、真っ白になることはないと思います。
-Q2.6 MS-WINDOWS $B$d(B Machintosh $B$G$OF0$+$J$$$N$G$7$g$&$+!)(B
+Q2.6 MS-WINDOWS や Machintosh では動かないのでしょうか?
- $B$*$*$$$J$kLnK>(B($BFf(B)$B$K6a$E$/$?$a$KF0$+$7$F$_$?$$$N$G$9$,!"(B $B;DG0$J$,$i!"(B
- $B:n<TC#$N6a$/$K(B MS-WINDOWS $B$d(B Machintosh $B$N%W%m%0%i%_%s%0$,$G$-$k?M$,$$$^$;$s!#(B
+ おおいなる野望(謎)に近づくために動かしてみたいのですが、 残念ながら、
+ 作者達の近くに MS-WINDOWS や Machintosh のプログラミングができる人がいません。
(;_;)
- $B$h$C$F!"0\?"$N%a%I$ON)$C$F$$$^$;$s!#(B
+ よって、移植のメドは立っていません。
- $B$H$+$+$$$F$^$7$?$1$I!"<B$O8=:_$G$O(B WinMascot $B$H$$$&$b$N$,B8:_$7$^$9!#(B
- XMascot $B$N:n<T$,$D$/$C$?$b$N$G$O$J$/!"BmLn$5$s$H$$$&$+$?$,0\?"(B
- $B$5$l$?$b$N$G$9!#(B
+ とかかいてましたけど、実は現在では WinMascot というものが存在します。
+ XMascot の作者がつくったものではなく、瀧野さんというかたが移植
+ されたものです。
http://www02.so-net.or.jp/~shilph/WMascot.html
- $B<B$O(B XMascot $B$N:n<T$N$R$H$j$,JY6/$r$+$M$F$D$/$C$?$H$$$&(B WMascot $B$H$$$&(B
- $B$b$N$bB8:_$9$k$i$7$$$G$9!#$O$$!#(B
+ 実は XMascot の作者のひとりが勉強をかねてつくったという WMascot という
+ ものも存在するらしいです。はい。
=======================
- Q3 $B%Q%i%a!<%?$K$D$$$F(B
+ Q3 パラメータについて
=======================
-Q3.1 $B=ENO2CB.EY$O!"$I$s$J0UL#$,$"$k$N$G$7$g$&$+!)(B
+Q3.1 重力加速度は、どんな意味があるのでしょうか?
- XMascot $B$O!"?6$j;R1?F0$rCi<B$K%7%_%e%l!<%H!J%[%s%H$+!)!K$7$F$$$^$9!#(B
- 1G ($BLs(B 980 kg cm/s^2) $B$K$9$k$H!"CO5e>e$HF1$8$K$J$j$^$9!#(B
- 0G $B$K$9$k$H!"L5=ENO$K$J$j$^$9!#(B
+ XMascot は、振り子運動を忠実にシミュレート(ホントか?)しています。
+ 1G (約 980 kg cm/s^2) にすると、地球上と同じになります。
+ 0G にすると、無重力になります。
- $B%G%U%)%k%H$O!"Ls(B 1/6 G (163 kg cm/s^2) $B$G!"7nLL>e$HF1$8$G$9!#(B
+ デフォルトは、約 1/6 G (163 kg cm/s^2) で、月面上と同じです。
- $B%*%W%7%g%s(B -gravity $B$G$b;XDj$G$-$^$9!#(B
+ オプション -gravity でも指定できます。
-Q3.2 $B8:?j78?t$O!"$I$s$J0UL#$,$"$k$N$G$7$g$&$+!)(B
+Q3.2 減衰係数は、どんな意味があるのでしょうか?
- $B?6$j;R1?F0$N8:?jN($G$9!#(B
- 0 $B$K$9$k$H!"1J5W$KMI$lB3$1$^$9!#(B
- 1 $B$K$9$k$H!"0lEY$H$7$FMI$l$^$;$s!#(B
+ 振り子運動の減衰率です。
+ 0 にすると、永久に揺れ続けます。
+ 1 にすると、一度として揺れません。
- $B%*%W%7%g%s(B -damping $B$G$b;XDj$G$-$^$9!#(B
+ オプション -damping でも指定できます。
-Q3.3 $B$^$o$k$H$$$&1=$rJ9$$$?$s$G$9$,!"??56$N$[$I$O$I$&$J$s$G$7$g$&$+!)(B
+Q3.3 まわるという噂を聞いたんですが、真偽のほどはどうなんでしょうか?
- $B%^%9%3%C%H$r%/%j%C%/$9$k$H$I$s$I$sB.EY$,>e$,$j$^$9!#(B
- $B$5$i$KB.EY$,>e$,$k$H!"2sE>$9$k$h$&$K$J$j$^$9!#(B
- $B$^$?!"=ENO2CB.EY(B 0G ,$B8:?j78?t(B 0 $B$K$7$F%/%j%C%/$9$k$H1J5W$K$^$o$jB3$1$^$9!#(B
+ マスコットをクリックするとどんどん速度が上がります。
+ さらに速度が上がると、回転するようになります。
+ また、重力加速度 0G ,減衰係数 0 にしてクリックすると永久にまわり続けます。
-Q3.4 $BM'C#$N$O$J$s$@$+;d$N$h$jBg$-$$5$$,$9$k$N$G$9$,!"5$$N$;$$$G$7$g$&$+!)(B
+Q3.4 友達のはなんだか私のより大きい気がするのですが、気のせいでしょうか?
- XMascot $B$O!"%^%9%3%C%H$rG$0U$NG\N($K3HBg=L>.$G$-$^$9!#(B
- $B$?$@$7!"G\N($KHfNc$7$F%^%7%sIi2Y$b>e$,$j$^$9!#(B
- $B%*%W%7%g%s(B -magnify $B$G;XDj$G$-$^$9!#(B
+ XMascot は、マスコットを任意の倍率に拡大縮小できます。
+ ただし、倍率に比例してマシン負荷も上がります。
+ オプション -magnify で指定できます。
-Q3.5 $B%T%s$d%a%$%k!":?$N3($O!"JQ99$G$-$J$$$N$G$7$g$&$+!)(B
+Q3.5 ピンやメイル、鎖の絵は、変更できないのでしょうか?
- $B%T%s$d%a%$%k!":?$N3($N%G!<%?$O!"%^%9%3%C%H$N%G!<%?$HF1$87A<0(B(Q4.1$B;2>H(B)
- $B$N$b$N$,;HMQ$G$-$^$9!#(B
- $B$D$^$j!"<+M3$KJQ992DG=$G$9!#(B
- $B%*%W%7%g%s(B -pinpat,-biffpat,-chainpat $B$r;HMQ$7$F$/$@$5$$!#(B
+ ピンやメイル、鎖の絵のデータは、マスコットのデータと同じ形式(Q4.1参照)
+ のものが使用できます。
+ つまり、自由に変更可能です。
+ オプション -pinpat,-biffpat,-chainpat を使用してください。
-Q3.6 $BGX7J$,F)L@$K$J$i$J$$$N$G$9$,!"$J$<$G$7$g$&!)(B
+Q3.6 背景が透明にならないのですが、なぜでしょう?
- $BF)L@?'$N;XDj$,4V0c$C$F$$$^$9!#(B
- MAG$B7A<0$d(B TIFF$B7A<0$N2hA|$J$i%Q%l%C%HHV9f$G!"(BPNM$B7A<0$J$i(B rrggbb$B!J(B16$B?J?t!K$G!"(B
- $B%j%=!<%9$GF)L@?'$r;XDj$7$F$/$@$5$$(B
+ 透明色の指定が間違っています。
+ MAG形式や TIFF形式の画像ならパレット番号で、PNM形式なら rrggbb(16進数)で、
+ リソースで透明色を指定してください
-Q3.7 $B5/F0$9$k$H$-$N%^%9%3%C%H$OJQ99$G$-$J$$$N$G$7$g$&$+!)(B
+Q3.7 起動するときのマスコットは変更できないのでしょうか?
- $B5/F0;~$N%*%W%7%g%s(B -no $B$GJQ99$G$-$^$9!#(B
- $B%a%K%e!<$NHV9f$b;XDj$7$?$$$H$-$O!"(B-menuno $B$r;H$$$^$9!#(B
- $B$5$i$K%i%s%@%`$K$7$?$$$H$-$O(B -random $B$,;HMQ$G$-$^$9!#(B
+ 起動時のオプション -no で変更できます。
+ メニューの番号も指定したいときは、-menuno を使います。
+ さらにランダムにしたいときは -random が使用できます。
===============================
- Q4 $B%^%9%3%C%H$N%G!<%?$K$D$$$F(B
+ Q4 マスコットのデータについて
===============================
-Q4.1 $B%^%9%3%C%H$K$G$-$k$N$O!"$I$s$J2hA|%G!<%?$G$7$g$&$+!)(B
+Q4.1 マスコットにできるのは、どんな画像データでしょうか?
- XMascot $BC1BN$G;HMQ$G$-$k2hA|%G!<%?$O!"0J2<$N2hA|7A<0$G$9!#(B
+ XMascot 単体で使用できる画像データは、以下の画像形式です。
- GIF *.gif 256$B?'$^$G!#(Btransparent/interlace $BBP1~(B
- BMP *.bmp $BA47A<0(B ($B$?$@$7!"(B256$B?'0J>e$O(B 8bpp $B$G8mF0:n$9$k(B)
- MAG 16$B?'(B $B$^$?$O(B 256$B?'(B
+ GIF *.gif 256色まで。transparent/interlace 対応
+ BMP *.bmp 全形式 (ただし、256色以上は 8bpp で誤動作する)
+ MAG 16色 または 256色
-$B$3$l0J9_(B Ver2.6 $B$G$OIT2D$G$9(B....
-$B$9$_$^$;$s!A(B
+これ以降 Ver2.6 では不可です....
+すみません〜
- TIFF 16$B?'(B $B$^$?$O(B 256$B?'(B $B$G!"(Braw$B7A<0(B $B$+(B lzw$B05=L7A<0(B (Ver2.6$BIT2D(B)
- PPM 256$B3,D4%+%i!<(B raw$B7A<0(B
- PGM 256$B3,D4%0%l%$%9%1!<%k(B raw$B7A<0(B
- PBM 2$BCM%b%N%/%m(B raw$B7A<0(B
- PNM PPM,PGM,PBM $B$N$I$l$+(B
+ TIFF 16色 または 256色 で、raw形式 か lzw圧縮形式 (Ver2.6不可)
+ PPM 256階調カラー raw形式
+ PGM 256階調グレイスケール raw形式
+ PBM 2値モノクロ raw形式
+ PNM PPM,PGM,PBM のどれか
- $B$^$?!"$3$l0J30$N2hA|7A<0$N%G!<%?$G$b!"(B*topnm,*toppm,*topgm,*topbm$B$H$$$C$?(B
- PNM$B7A<0$X$N%3%s%P!<%?$rMQ0U$9$k$3$H$K$h$C$F%^%9%3%C%H$K$G$-$^$9!#(B
- pbmplus $B$d(B netpbm $B$H$$$&!"B?$/$N2hA|$KBP1~$7$?2hA|%3%s%P!<%?$N%Q%C%1!<%8$,(B
- $B$"$j$^$9$N$G$3$l$rMxMQ$9$k$HNI$$$G$7$g$&!#(B
+ また、これ以外の画像形式のデータでも、*topnm,*toppm,*topgm,*topbmといった
+ PNM形式へのコンバータを用意することによってマスコットにできます。
+ pbmplus や netpbm という、多くの画像に対応した画像コンバータのパッケージが
+ ありますのでこれを利用すると良いでしょう。
-Q4.2 $BM'C#$N%G!<%?$O;d$N$b$N$H0c$&$s$G$9$,!"B>$K%^%9%3%C%H$,$"$k$N$G$7$g$&$+!)(B
+Q4.2 友達のデータは私のものと違うんですが、他にマスコットがあるのでしょうか?
- XMascot $B$O!"9%$-$J2hA|$r%^%9%3%C%H$K$9$k$3$H$,$G$-$^$9!#(B
- $B%^%9%3%C%H$r<+:n$9$k$3$H$b2DG=$G$9!#(B
- $B$^$?!"DI2C%G!<%?%Q%C%1!<%8$r2<5-$N(B URL $B$GG[I[$7$F$$$^$9!#(B
+ XMascot は、好きな画像をマスコットにすることができます。
+ マスコットを自作することも可能です。
+ また、追加データパッケージを下記の URL で配布しています。
http://cclub.tutcc.tut.ac.jp/xmascot/
ftp://cclub.tutcc.tut.ac.jp/pub/xmascot/
- $B8=:_!"==Fs@1:B%;%C%H(B(xmascot-zodiac.tar.gz)$B$,EPO?$5$l$F$$$^$9!#(B
+ 現在、十二星座セット(xmascot-zodiac.tar.gz)が登録されています。
- $B"((BVer 2.6 $B$G$O(B 12$B@1:B%;%C%H$b$$$l$F$7$^$$$^$7$?(B
+ ※Ver 2.6 では 12星座セットもいれてしまいました
- $B$"$H!"$"$d$7$$%^%9%3%C%H$,B8:_$9$k$i$7$$$H$$$&1=$,$"$j$^$9$,(B
- $B??56$N$[$I$O$5$@$+$G$O$"$j$^$;$s(B(^^;;
+ あと、あやしいマスコットが存在するらしいという噂がありますが
+ 真偽のほどはさだかではありません(^^;;
-Q4.3 $B<+J,$G%^%9%3%C%H%G!<%?$r:n$j$?$$$N$G$9$,(B...
+Q4.3 自分でマスコットデータを作りたいのですが...
- XMascot $B$G07$($k2hA|7A<0(B(Q4.1$B;2>H(B)$B$N%G!<%?$r:n$k$3$H$,$G$-$l$P!"%^%9%3%C%H$K(B
- $B$9$k$3$H$,$G$-$^$9!#(B
- $B5/F0;~$K%U%!%$%kL>$G;XDj$9$k$+!"%j%=!<%9$r5-=R$9$k$3$H$G@_Dj$G$-$^$9!#(B
+ XMascot で扱える画像形式(Q4.1参照)のデータを作ることができれば、マスコットに
+ することができます。
+ 起動時にファイル名で指定するか、リソースを記述することで設定できます。
- $B$&$A(B1$B?'$rF)L@?'$K;XDj$G$-$^$9!#$J$*!"F)L@?'$O<+F0H=Dj$5$l$^$9$,!"(B
- $B<:GT$9$k>l9g$OJLES%j%=!<%9$J$I$G;XDj$G$-$^$9!#(B
+ うち1色を透明色に指定できます。なお、透明色は自動判定されますが、
+ 失敗する場合は別途リソースなどで指定できます。
- $B>\:Y$O(B README $B$r8+$F$/$@$5$$!#(B
- $B%a%K%e!<C10L$G$N@ZBX$($O!"G[I[$5$l$F$$$kDI2C%G!<%?%Q%C%1!<%8$r;29M$K$7$F(B
- $B$/$@$5$$!#(B
+ 詳細は README を見てください。
+ メニュー単位での切替えは、配布されている追加データパッケージを参考にして
+ ください。
- $B%^%9%3%C%H%G!<%?$rJg=8$7$F$$$^$9!#(B
- $BLLGr$$%^%9%3%C%H$,$G$-$?$i!"Aw$C$F$/$@$5$$$M!#(B
+ マスコットデータを募集しています。
+ 面白いマスコットができたら、送ってくださいね。
=====================
- Q5 $B2;@<5!G=$K$D$$$F(B
+ Q5 音声機能について
=====================
-Q5.1 $BM'?M$N%^%9%3%C%H$OC}$k$i$7$$$N$G$9$,!"$I$s$J5;$r;H$C$F$$$k$N$G$7$g$&!)(B
+Q5.1 友人のマスコットは喋るらしいのですが、どんな技を使っているのでしょう?
- $B$^$:!"$"$J$?$N4D6-$G:F@82DG=$J2;@<%G!<%?!u%W%l%$%d$rMQ0U$7$F$/$@$5$$!#(B
- $B!JNc!K(BSunOS$B$J$i!"(B*.au $B!u(B cat (^^; $B$J$I!#(B
- $B$D$.$K!"(BXMascot $B$r(B USE_SOUND $B$r;XDj$7$F%3%s%Q%$%k$7$F$/$@$5$$!#(B
- $B>\:Y$O(B README $B$r;2>H$7$F$/$@$5$$!#(B
+ まず、あなたの環境で再生可能な音声データ&プレイヤを用意してください。
+ (例)SunOSなら、*.au & cat (^^; など。
+ つぎに、XMascot を USE_SOUND を指定してコンパイルしてください。
+ 詳細は README を参照してください。
- $B$=$7$F!"%j%=!<%9$r;XDj$7$^$9!#(B
- $B!JNc!K(BXmascot*soundCommand: cat %s > /dev/audio
+ そして、リソースを指定します。
+ (例)Xmascot*soundCommand: cat %s > /dev/audio
Xmascot*masDat0.startSnd: start0.au
Xmascot*masDat0.endtSnd: end0.au
Xmascot*masDat0.clickSnd: click0.au
Xmascot*masDat1.startSnd: start1.au
:
-Q5.2 $B2;@<$N;H$$J,$1$O!"$I$&$J$C$F$$$k$N$G$7$g$&!)(B
+Q5.2 音声の使い分けは、どうなっているのでしょう?
- $B2;@<%G!<%?$O!"%^%9%3%C%H$4$H$K5/F0;~!"%/%j%C%/;~!"=*N;;~$N;0$D$K(B
- $B2C$(!"(Bbiff $B5!G=;HMQ;~$K$O(B $B%a!<%kCe?.2;@<$,;XDj$G$-$^$9!#(B
- $B$=$l$>$l%"%/%7%g%s$O(B snd_start, snd_click, snd_end, snd_mail $B$G$9!#(B
- $B$^$?!"(Bsound($B%U%!%$%kL>(B) $B$H$$$&2;@<%G!<%?:F@8%"%/%7%g%s$,B8:_$7$^$9!#(B
+ 音声データは、マスコットごとに起動時、クリック時、終了時の三つに
+ 加え、biff 機能使用時には メール着信音声が指定できます。
+ それぞれアクションは snd_start, snd_click, snd_end, snd_mail です。
+ また、sound(ファイル名) という音声データ再生アクションが存在します。
-Q5.3 $B$J$<!"2;@<%G!<%?$,>/$J$$$s$G$9$+!)(B
+Q5.3 なぜ、音声データが少ないんですか?
- $B0l1~!"(B ver.2.3 $B$+$i(B pipipipi.au $B$H$$$&Ff$N%"%i!<%`2;$,IUB0$7$F$$$^$9!#(B
- $B$^$?!"(BVer2.5 $B$+$i$H$"$k(BXMascot$B0&9%<T$NJ}$+$i%a!<%k$,$-$?$h$J$I$N(B
- $B2;@<$rAw$C$F$$$?$@$-$^$7$?!#(B(^^)
- $B4pK\E*$KLnO:$P$C$+$j$J$N$G!"$J$+$J$+NI$$2;@<$,$J$$$G$9(B(^^;;
+ 一応、 ver.2.3 から pipipipi.au という謎のアラーム音が付属しています。
+ また、Ver2.5 からとあるXMascot愛好者の方からメールがきたよなどの
+ 音声を送っていただきました。(^^)
+ 基本的に野郎ばっかりなので、なかなか良い音声がないです(^^;;
- $BB>$K$b!"IUB0%^%9%3%C%H$K;w9g$&2;@<%G!<%?$rJg=8$7$F$$$^$9!#(B
+ 他にも、付属マスコットに似合う音声データを募集しています。
=========================
- Q6 $B%"%i!<%`5!G=$K$D$$$F(B
+ Q6 アラーム機能について
=========================
-Q6.1 $B$I$s$J%"%i!<%`$,;H$($k$N$G$7$g$&$+!)(B
+Q6.1 どんなアラームが使えるのでしょうか?
- $B0J2<$N%"%i!<%`$,;H$($^$9!#(B
- $BKhF|Dj;~%"%i!<%`(B ( * $B;~(B * $BJ,(B) $B!_(B 3$B$D(B
- $B;~8B%?%$%^%"%i!<%`(B( * $BJ,(B * $BIC8e(B) $B!_(B 1$B$D(B
- $B%$%s%?!<%P%k%?%$%^%"%i!<%`(B( * $B;~4V(B * $BJ,(B $BKh(B ) $B!_(B 1$B$D(B
- $BKh;~(B 0$BJ,%"%i!<%`(B $B!_(B 1$B$D(B
- $BKh;~(B30$BJ,%"%i!<%`(B $B!_(B 1$B$D(B
- $B%"%i!<%`;~9o$K$J$k$H!";XDj$7$?F0:n$r<B9T$7$^$9!#(B
+ 以下のアラームが使えます。
+ 毎日定時アラーム ( * 時 * 分) × 3つ
+ 時限タイマアラーム( * 分 * 秒後) × 1つ
+ インターバルタイマアラーム( * 時間 * 分 毎 ) × 1つ
+ 毎時 0分アラーム × 1つ
+ 毎時30分アラーム × 1つ
+ アラーム時刻になると、指定した動作を実行します。
-Q6.2 $B$I$s$JF0:n$,;XDj$G$-$k$N$G$7$g$&$+!)(B
+Q6.2 どんな動作が指定できるのでしょうか?
- $BF0:n$O%"%/%7%g%s$G;XDj$7$^$9!#(B
- $BNc(B: $B;~4V$,Mh$?$i!"%^%9%3%C%H$,%a%K%e!<$N<!$N$b$N$K$J$C$F!"MI$l;O$a$k!#(B
+ 動作はアクションで指定します。
+ 例: 時間が来たら、マスコットがメニューの次のものになって、揺れ始める。
chg_next() start_move()
- $B$"$J$?$N9%$_$NF0:n$r;XDj$7$^$7$g$&!#(B
- $B$I$s$J%"%/%7%g%s$,$"$k$+$J$I$N>\:Y$O(B README $B$rFI$s$G$/$@$5$$!#(B
+ あなたの好みの動作を指定しましょう。
+ どんなアクションがあるかなどの詳細は README を読んでください。
=====================================
- Q7 BIFF($B%a%$%k$*CN$i$;(B)$B5!G=$K$D$$$F(B
+ Q7 BIFF(メイルお知らせ)機能について
=====================================
-Q7.1 $B$I$N$h$&$KCN$i$;$F$/$l$k$N$G$7$g$&$+!)(B
+Q7.1 どのように知らせてくれるのでしょうか?
- $B%a%$%k$*CN$i$;$N3($,%^%9%3%C%H$H6&$KI=<($5$l$^$9!#(B
- $B$^$?!"%"%i!<%`$HF1MM$NF0:n$r%"%/%7%g%s$G;XDj$G$-$^$9(B(Q6.2$B;2>H(B)$B!#(B
+ メイルお知らせの絵がマスコットと共に表示されます。
+ また、アラームと同様の動作をアクションで指定できます(Q6.2参照)。
-Q7.2 JIS $B$d(B MIME $B$N%X%C%@$OI=<($G$-$J$$$N$G$7$g$&$+!)(B
+Q7.2 JIS や MIME のヘッダは表示できないのでしょうか?
- XMascot $BC1BN$G$O!"(BJIS $B$d(B MIME $B$N%X%C%@$O%5%]!<%H$5$l$F$$$^$;$s!#(B
- $B$7$+$7!"30It$N%U%#%k%?%3%^%s%I$r;XDj$9$k$3$H$G!"$3$l$i$r(B
- $B$-$A$s$HI=<($5$;$k$3$H$,2DG=$G$9!#(B($B$?$@$7!"9q:]2=BP1~$7$F$J$$$H!"(B
- $B$=$b$=$bF|K\8l$,I=<($G$-$^$;$s(B)
+ XMascot 単体では、JIS や MIME のヘッダはサポートされていません。
+ しかし、外部のフィルタコマンドを指定することで、これらを
+ きちんと表示させることが可能です。(ただし、国際化対応してないと、
+ そもそも日本語が表示できません)
- $B$3$N%U%#%k%?$O!"%*%W%7%g%s(B -bifffilter $B$G;XDj$7$^$9!#(B
- nkf $B$J$I$,MxMQ$G$-$^$9!#(B
+ このフィルタは、オプション -bifffilter で指定します。
+ nkf などが利用できます。
- $BNc(B: locale $B$,(B EUC $B$N>l9g(B
+ 例: locale が EUC の場合
% xmascot -bifffilter "nkf -e -m"
-Q7.3 $B0lMwI=<($NI=<(0LCV$rJQ99$7$?$$$N$G$9$,(B
+Q7.3 一覧表示の表示位置を変更したいのですが
- $B%*%W%7%g%s(B -biffgeometry $B$G;XDj$G$-$^$9!#(B
+ オプション -biffgeometry で指定できます。
-Q7.4 $B0lMwI=<($rI=<($7$?$^$^$K$7$?$$$N$G$9$,(B
+Q7.4 一覧表示を表示したままにしたいのですが
- $BAk$NCf$K%+!<%=%k$r;}$C$F$$$1$P>C$($^$;$s!#(B
- $B$^$?!"%*%W%7%g%s(B -biffpopdown $B$GIi$N?tCM$r;XDj$9$l$P<+F0$G$O(B
- $B>C$($^$;$s!#(B
+ 窓の中にカーソルを持っていけば消えません。
+ また、オプション -biffpopdown で負の数値を指定すれば自動では
+ 消えません。
-Q7.5 POP $B$d(B youbin $B$OMxMQ$G$-$J$$$N$G$7$g$&$+!)(B
+Q7.5 POP や youbin は利用できないのでしょうか?
- youbin $B$O(B Ver2.5 $B$+$iBP1~$7$^$7$?!#%3%s%Q%$%k;~$K;XDj$7$F$/$@$5$$!#(B
- $B$^$?!"(Byoubin $B%3%^%s%I$K%Q%9$rDL$9I,MW$,$"$j$^$9!#(B
+ youbin は Ver2.5 から対応しました。コンパイル時に指定してください。
+ また、youbin コマンドにパスを通す必要があります。
- XMascot $B$O!"%a!<%k$N%A%'%C%/$K30It%3%^%s%I$r;HMQ$G$-$^$9!#(B
- $BE,59!"(BPOP $B$J$I$KBP1~$7$?%3%^%s%I$rC5$7$F$=$l$rMxMQ$9$l$P(B
- $B$$$$$G$7$g$&!#%*%W%7%g%s(B -biffcmd $B$r;H$$$^$9!#(B
+ XMascot は、メールのチェックに外部コマンドを使用できます。
+ 適宜、POP などに対応したコマンドを探してそれを利用すれば
+ いいでしょう。オプション -biffcmd を使います。
===========
- Q8 $B$=$NB>(B
+ Q8 その他
===========
-Q8.1 $B$J$<!"%^%9%3%C%H$,(B 13 $B8D$J$s$G$9$+!)(B
+Q8.1 なぜ、マスコットが 13 個なんですか?
- $B$3$l$O(B ver.2.1 $B$^$G$N;EMM$G!"(Bver.2.2 $B0J9_$O!"G$0U$N8D?t$K@_Dj$G$-$^$9!#(B
- 13$B8D$@$C$?M}M3$O(B...(*^_^*; $B$o$+$k$R$H$K$O$o$+$k$C$9!#(B
+ これは ver.2.1 までの仕様で、ver.2.2 以降は、任意の個数に設定できます。
+ 13個だった理由は...(*^_^*; わかるひとにはわかるっす。
-Q8.2 $B$H$-$a$-%a%b%j%"%k$C$F$J$s$G$9$+!)(B
+Q8.2 ときめきメモリアルってなんですか?
- $BK?#K!{#N#A#M#I$+$iH/Gd$5$l$F$$$k%2!<%`$G$9!#(B
- $BA49q!{K|?M$,$H$-$a$$$?$i$7$$$G$9!#(B
- XMascot $B$O!":n<T$,$H$-$a$$$?$N$,$-$C$+$1$G:n@.$5$l$^$7$?(B *^_^*
+ 某K○NAMIから発売されているゲームです。
+ 全国○万人がときめいたらしいです。
+ XMascot は、作者がときめいたのがきっかけで作成されました *^_^*
-Q8.3 $B$3$N(BFAQ$B$C$FC/$,=q$$$?$s$G$9$+!)(B
+Q8.3 このFAQって誰が書いたんですか?
- XMascot $B$N:n<T$N(B $BHSED(B $B9d(B $B$H(B $BEOJU(B $B9d(B $B$G$9!#(B
- $B$A$J$_$K!"L>A0$N;z$OF1$8$@$1$IFI$_$,0c$$$^$9!#(B
+ XMascot の作者の 飯田 剛 と 渡辺 剛 です。
+ ちなみに、名前の字は同じだけど読みが違います。
-Q8.4 $BC/$,$3$s$J$K<ALd$7$?$s$G$9$+!)(B
+Q8.4 誰がこんなに質問したんですか?
-$B$O$C(B... (^^; $B$$$C$?$$C/$J$s$G$7$g$&!)(B
+はっ... (^^; いったい誰なんでしょう?
diff --git a/contrib/auplay/README b/contrib/auplay/README
index 7b2dd17..0cfc01e 100644
--- a/contrib/auplay/README
+++ b/contrib/auplay/README
@@ -2,39 +2,39 @@
auplay
----------------
-1.$B$O$8$a$K(B
- $B$3$N%W%m%0%i%`$O!"(B*.au $BMQ$N4J0W%*!<%G%#%*%W%l%$%d$G$9!#(B
- /dev/audio (SPARC audio)$B%3%s%H%m!<%kMQ%$%s%/%k!<%I%U%!%$%k$,$"$l$P!"(B
- $B%\%j%e!<%`$N;XDj$b$G$-$k$h$&$K$J$j$^$9!#(B
- $B$b$7B>$NJXMx$J%W%l%$%d$r;}$C$F$$$J$$>l9g$K!"Be$o$j$K;H$C$F2<$5$$!#(B
+1.はじめに
+ このプログラムは、*.au 用の簡易オーディオプレイヤです。
+ /dev/audio (SPARC audio)コントロール用インクルードファイルがあれば、
+ ボリュームの指定もできるようになります。
+ もし他の便利なプレイヤを持っていない場合に、代わりに使って下さい。
-2.$BCx:n8"$J$I(B
- $B$3$N%W%m%0%i%`$O!"%U%j!<%=%U%H%&%'%"$G$9!#(B($B:n(B $BHSED9d(B)
- $BCx:n8"$bJ|4~$7$^$9!#(B
- $B;HMQ$K$h$C$F@8$8$?$$$+$J$kB;32$N@U$b!":n<T$OIi$$$^$;$s!#(B
+2.著作権など
+ このプログラムは、フリーソフトウェアです。(作 飯田剛)
+ 著作権も放棄します。
+ 使用によって生じたいかなる損害の責も、作者は負いません。
-3.$BF0:n4D6-(B
- /dev/audio (SPARC audio)$B$r;}$D(B OS $B$G;HMQ$G$-$^$9!#(B
- $BF0:n3NG'$r$7$?$N$O!"0J2<$N4D6-$G$9!#(B
+3.動作環境
+ /dev/audio (SPARC audio)を持つ OS で使用できます。
+ 動作確認をしたのは、以下の環境です。
GATEWAY2000 Pentium 120 NetBSD 1.1/i386
- SUN SPARC $B8_495!(B $B!)(B SunOS 4.1.3
+ SUN SPARC 互換機 ? SunOS 4.1.3
-4.$B%3%s%Q%$%k(B
- $B$^$:!";HMQ$9$k4D6-$K$"$o$;$F!"(BMakefile $B$H(B auplay.h $B$r=q$-49$($^$9!#(B
- $B$=$N$"$H!"(Bmake $B$r<B9T$7$^$9!#(B
+4.コンパイル
+ まず、使用する環境にあわせて、Makefile と auplay.h を書き換えます。
+ そのあと、make を実行します。
-5.$B;HMQK!(B
- $B5/F0$9$k$K$O(B
+5.使用法
+ 起動するには
- auplay [$B%*%W%7%g%s(B ...] $B%*!<%G%#%*%U%!%$%k(B ...
+ auplay [オプション ...] オーディオファイル ...
- $B$H$7$^$9!#(B
- $B%3%s%Q%$%k;~$K(B #define USE_AUCNTL $B$,;XDj$5$l$F$$$l$P!"%*%W%7%g%s$K(B
+ とします。
+ コンパイル時に #define USE_AUCNTL が指定されていれば、オプションに
- -v # : $B%\%j%e!<%`(B ( 0 $B!A(B 255 )
+ -v # : ボリューム ( 0 〜 255 )
- $B$,;H$($^$9!#(B
+ が使えます。
- $B$^$?!"%*!<%G%#%*%U%!%$%k$r;XDj$7$J$+$C$?>l9g$O!"I8=`F~NO$+$iFI$s$@$b$N$r:F@8(B
- $B$7$^$9!#(B
+ また、オーディオファイルを指定しなかった場合は、標準入力から読んだものを再生
+ します。
diff --git a/contrib/xslide/README b/contrib/xslide/README
index e7d2912..2224bf9 100644
--- a/contrib/xslide/README
+++ b/contrib/xslide/README
@@ -2,68 +2,68 @@
xslide Ver1.1
----------------
-1.$B$O$8$a$K(B
+1.はじめに
- xslide $B$O$?$@C1$K2?$i$+$N2hA|$r%9%i%$%II=<($5$;$k$@$1$N(B
- $B%W%m%0%i%`$G$9!#(BXMascot $B$N$H$-$a$-;X?t8~>e$N$?$a$N$b$N$G$9(B($BFf(B)
- $B$3$l$b%7%9%F%`(B(Xserver)$B$X$NIi2Y$,9b$$$G$9!#$4Cm0U$r!#(B
+ xslide はただ単に何らかの画像をスライド表示させるだけの
+ プログラムです。XMascot のときめき指数向上のためのものです(謎)
+ これもシステム(Xserver)への負荷が高いです。ご注意を。
-2.$BCx:n8"$J$I(B
+2.著作権など
- $B$3$N%W%m%0%i%`$O!"%U%j!<%=%U%H%&%'%"$G$9!#(B($B:n(B $BEOJU9d(B $B860F(B $BHSED9d(B)
- $BCx:n8"$N9T;H$O$9$Y$FJ|4~$7$^$9!#(B
- $B;HMQ$K$h$C$F@8$8$?$$$+$J$kB;32$N@U$b!":n<T$OIi$$$^$;$s!#(B
+ このプログラムは、フリーソフトウェアです。(作 渡辺剛 原案 飯田剛)
+ 著作権の行使はすべて放棄します。
+ 使用によって生じたいかなる損害の責も、作者は負いません。
-3.$BF0:n4D6-(B
+3.動作環境
- X$B$,F0$/(BUNIX $B$J$iF0$/$H;W$$$^$9!#(B
+ Xが動くUNIX なら動くと思います。
- $BF0:n3NG'(B
+ 動作確認
GATEWAY2000 Pentium 120 NetBSD 1.1/i386
- SUN SPARC $B8_495!(B $B!)(B SunOS 4.1.3
+ SUN SPARC 互換機 ? SunOS 4.1.3
-4.$B%3%s%Q%$%k(B
+4.コンパイル
- Imakefile $B$NCf$N(B SEARCH_PATH ($B%0%i%U%#%C%/%9$N8!:w%Q%9(B)$B$r(B
- $BE,Ev$K@_Dj$7$^$9!#(B
+ Imakefile の中の SEARCH_PATH (グラフィックスの検索パス)を
+ 適当に設定します。
% xmkmf
% make Makefiles
% make
- $B$G40@.$7$^$9!#(B
- $B$J$*!"$3$N%W%m%0%i%`$O!"(BXMascot Ver2.5 $B$N(B imagelib $B$r;HMQ$7$F$$$^$9!#(B
+ で完成します。
+ なお、このプログラムは、XMascot Ver2.5 の imagelib を使用しています。
-5.$B;HMQK!(B
+5.使用法
- $B5/F0$9$k$K$O(B
+ 起動するには
- $ xslide [$B%*%W%7%g%s(B] [$B2hA|%U%!%$%k(B]
+ $ xslide [オプション] [画像ファイル]
- $B$H$7$^$9!#(B
- $B2hA|%U%!%$%k$,$J$$>l9g$O!"3J;RLOMM$rI=<($7$^$9!#(B
- $B%*%W%7%g%s$O$D$.$N$H$*$j$G$9!#(B
+ とします。
+ 画像ファイルがない場合は、格子模様を表示します。
+ オプションはつぎのとおりです。
- -display DISPLAY $B$N;XDj(B
- -geometry $B%8%*%a%H%j$N;XDj(B (window$B;~$N$_M-8z(B)
- -v verbose $B%b!<%I(B(for debug)
- -size WWxHH $B3J;R$N%5%$%:;XDj(B
- -fg col $B3J;R$N?'$=$N#1(B
- -bg col $B3J;R$N?'$=$N#2(B
- -root root $B%&%#%s%I%&$GF0:n$5$;$k(B
- -dir dxdy $B%9%/%m!<%k$N8~$-$HNL$r;XDj$9$k(B( [+-]x[+-]y$B$N7A!#%G%U%)%k%H(B-1+1)
- -wait usec $BBT$A;~4V;XDj(B micro sec $BC10L!#$A$$$5$9$.$k$H0UL#$J$7!#(B
- $B%G%U%)%k%H(B 10000
+ -display DISPLAY の指定
+ -geometry ジオメトリの指定 (window時のみ有効)
+ -v verbose モード(for debug)
+ -size WWxHH 格子のサイズ指定
+ -fg col 格子の色その1
+ -bg col 格子の色その2
+ -root root ウィンドウで動作させる
+ -dir dxdy スクロールの向きと量を指定する( [+-]x[+-]yの形。デフォルト-1+1)
+ -wait usec 待ち時間指定 micro sec 単位。ちいさすぎると意味なし。
+ デフォルト 10000
- $B;HMQNc(B:
+ 使用例:
% xslide -size 100x100 -root -fg green -bg blue &
% xslide -root tokimeki_title.mag
History
- 96/07/22 XMascot imagelib $BBP1~2=(B
- 96/06/20 Alarm $B$G$H$^$k$N$rD>$9(B (select $B$r;HMQ(B)
+ 96/07/22 XMascot imagelib 対応化
+ 96/06/20 Alarm でとまるのを直す (select を使用)
diff --git a/imagelib/anim_y.y b/imagelib/anim_y.y
index 1c01f97..a0aab4a 100644
--- a/imagelib/anim_y.y
+++ b/imagelib/anim_y.y
@@ -128,7 +128,7 @@ entry_animpat(char *name, char *time)
if ((rimage = (RealImage*)namelist_find(name_list, name)) == NULL) {
ImageData *image = image_new();
image_load(image, name, -1, -1);
- if (image->data == NULL) { /* $B%m!<%I$K<:GT(B */
+ if (image->data == NULL) { /* ロードに失敗 */
rimage = realimage_new_plane(name);
} else {
rimage = realimage_new_image(image);
diff --git a/imagelib/animtest.c b/imagelib/animtest.c
index 1e1f337..05c0ee6 100644
--- a/imagelib/animtest.c
+++ b/imagelib/animtest.c
@@ -110,7 +110,7 @@ timer_reentry(TimerDatList list, Animate *animate,
interval -= t->interval;
t = t->next;
}
- /* $B%j%9%H$KDI2C(B */
+ /* リストに追加 */
new->animate = animate;
new->next = t->next;
new->interval = interval;
diff --git a/imagelib/image.c b/imagelib/image.c
index aa43d45..909d48f 100644
--- a/imagelib/image.c
+++ b/imagelib/image.c
@@ -30,7 +30,7 @@ static struct {
{ pnm_read_stream },
};
-/* ᡼κ */
+/* 新規イメージの作成 */
ImageData*
image_new(void)
{
@@ -66,7 +66,7 @@ image_new(void)
return img;
}
-/* Ʊ᡼֤ */
+/* 同じイメージを返す */
ImageData *
image_attach(ImageData *img)
{
@@ -74,7 +74,7 @@ image_attach(ImageData *img)
return img;
}
-/* ᡼ǡβ */
+/* イメージデータの解放 */
void
image_delete(ImageData *img)
{
@@ -89,7 +89,7 @@ image_delete(ImageData *img)
}
}
-/* pixel/pixmap ʤ */
+/* pixel/pixmap を解放しない */
void
image_delete_only_data(ImageData *img)
{
@@ -102,7 +102,7 @@ image_delete_only_data(ImageData *img)
}
}
-/* ǡʬ */
+/* データ部分を解放する */
void
image_free_data(ImageData *img)
{
@@ -119,7 +119,7 @@ image_free_data(ImageData *img)
}
}
-/* */
+/* 色を解放する */
void
image_free_pixels(ImageData *img)
{
@@ -158,11 +158,11 @@ image_free_pixmap(ImageData *img)
reformed by watanabe@dsl.tutics.tut.ac.jp
- ΥեˤVissual ClassPseudo ColorǤ륵Ф
- XImage뤿ΥץबޤޤƤޤ
+ このファイルにはVissual ClassがPseudo Colorであるサーバの
+ XImageを生成するためのプログラムが含まれています。
- University of Pennsylvania John Bradley᤬줿
- xvΥץ򻲹ͤ˵ҤƤޤ
+ University of Pennsylvania の John Bradley氏が作成された
+ xvのプログラムを参考に記述しています。
* Author: John Bradley, University of Pennsylvania
* (bradley@cis.upenn.edu)
@@ -170,9 +170,9 @@ image_free_pixmap(ImageData *img)
*/
/*
- ᡼Τơԥñ̤Υҥȥ롣
- ؿ֤ͤϲǡǼºݤѤƤ뿧ο
- hist˥ҥȥब֤롣
+ イメージ全体を操作して、ピクセル単位のヒストグラムを作成する。
+ 関数の返り値は画像データで実際に利用されている色の数。
+ histにヒストグラムが返される。
*/
static int
make_histogram(ImageData *img, int hist[MAX_COL])
@@ -210,11 +210,11 @@ struct color_table{
};
/*
- 顼ޥå(map)ɬפʿ̤ͥĤƳǼ롣ͥ٤ϡ
- ٤ȳݤƤƤοȤο٥ȥεΥ(ʤ٤󤤤
- Τͥ)Ȥ˷׻롣
- ؿ֤ͤmap˳Ǽ줿顼
- orderˤϸβͤȤѴơ֥뤬֤롣
+ 内部カラーマップ(map)に必要な色を優先順位をつけて格納する。優先度は、
+ 使用頻度と確保されている全ての色との色ベクトルの距離(なるべく遠いも
+ のを優先)をもとに計算される。
+ 関数の返り値はmapに格納されたカラー情報数。
+ orderには元の画素値との変換テーブルが返される。
*/
static void
sort_colors(ImageData *img,
@@ -345,7 +345,7 @@ sort_colors(ImageData *img,
}
/*
- 顼ޥåmapξ򸵤ˡɤ߹ѤΥ顼ݤ롣
+ 内部カラーマップmapの情報を元に、読み込み専用のカラーを確保する。
*/
static void
alloc_read_only_colors(ImageData *img,
@@ -543,7 +543,7 @@ image_set_col(ImageData *img, Display *dpy, Window win)
struct palette *pal = img->pal;
u_long *pixel_value = img->pixel_value;
- /* ƳƤ褦ȤƤ */
+ /* 再割り当てしようとしている */
if (img->pixel_allocated) {
#ifdef DEBUG
fprintf(stderr,"image_set_col: allocate again...");
@@ -571,7 +571,7 @@ image_set_col(ImageData *img, Display *dpy, Window win)
XGetWindowAttributes(dpy, win, &attr);
img->depth = attr.depth;
img->colormap = attr.colormap;
- /* ɤ Visual ¤ΤȤϤߤ */
+ /* めんどくさいけど Visual 構造体の中身はみちゃだめ */
{
int matched;
XVisualInfo *vinfolist;
@@ -661,7 +661,7 @@ image_read_stream(ImageData *img, FILE *fp)
}
-/* ᡼ǡμ */
+/* イメージデータの取得 */
void
image_load(ImageData *img, char *name, int c0, int r0)
{
@@ -753,7 +753,7 @@ else if (r0 >= 0) {
}
-/* ᡼pixmapѴ */
+/* イメージをpixmapに変換する */
Pixmap
image_pixmap_with_shadow(ImageData *img, Pixmap *m, int shadow_len)
{
@@ -776,7 +776,7 @@ image_pixmap_with_shadow(ImageData *img, Pixmap *m, int shadow_len)
int make_mask;
make_mask = (m && img->trans_flag == TRANS_INDEX)?1:0;
- /* ƳƤ褦ȤƤ */
+ /* 再割り当てしようとしている */
if (img->pixmap != None) {
if (m)
*m = img->mask;
@@ -864,7 +864,7 @@ image_pixmap_with_shadow(ImageData *img, Pixmap *m, int shadow_len)
}
-/* ᡼pixmapѴ */
+/* イメージをpixmapに変換する */
Pixmap
image_pixmap(ImageData *img, Pixmap *m)
{
@@ -884,7 +884,7 @@ image_pixmap(ImageData *img, Pixmap *m)
int make_mask;
make_mask = (m && img->trans_flag == TRANS_INDEX)?1:0;
- /* ƳƤ褦ȤƤ */
+ /* 再割り当てしようとしている */
if (img->pixmap != None) {
if (m)
*m = img->mask;
diff --git a/imagelib/mag.c b/imagelib/mag.c
index 4863905..eea7914 100644
--- a/imagelib/mag.c
+++ b/imagelib/mag.c
@@ -4,7 +4,7 @@
Tsuyoshi IIda iida@cclub.tutcc.tut.ac.jp
*/
-/* mag $B%U%!%$%k$N%m!<%I(B */
+/* mag ファイルのロード */
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
@@ -276,7 +276,7 @@ mag_read_stream(ImageData *img, FILE *fp)
else
decode256(flagA,flagB,work,fp);
- /* $B=D(B2$BG\(B */
+ /* 縦2倍 */
if (double_line) {
u_char *pic8 = (u_char *)img->data;
diff --git a/imagelib/memo b/imagelib/memo
index eb29c5b..5bf2edc 100644
--- a/imagelib/memo
+++ b/imagelib/memo
@@ -8,13 +8,13 @@ label:
image-name
}
-$B%U%!%$%k$,B8:_$9$k>l9g(B -> $B%$%a!<%8(B
- $BB8:_$7$J$$>l9g(B -> $B?'(B
+ファイルが存在する場合 -> イメージ
+ 存在しない場合 -> 色
-from, size, to, mask $B$,;XDj$5$l$F$$$k>l9g(B -> $B:9J,(B
+from, size, to, mask が指定されている場合 -> 差分
-label -> $BB>$N(B Pattern $B$+$i(B -> label $BItJ,$G%Q%?!<%s$r9=C[(B
- $BF1$8(B $B:9J,%j%9%H$+$i(B -> $B:9J,%j%9%HMQ%i%Y%k(B
+label -> 他の Pattern から -> label 部分でパターンを構築
+ 同じ 差分リストから -> 差分リスト用ラベル
diff --git a/imagelib/old/pnm.c b/imagelib/old/pnm.c
index dae8e9d..77499b6 100644
--- a/imagelib/old/pnm.c
+++ b/imagelib/old/pnm.c
@@ -4,7 +4,7 @@
Tsuyoshi IIda iida@cclub.tutcc.tut.ac.jp
*/
-/* pnm $B%U%!%$%k$N%m!<%I(B */
+/* pnm ファイルのロード */
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
@@ -22,7 +22,7 @@ typedef struct{
int format;
} PNM;
-/* pnm $B%U%!%$%k$NFI$_9~$_(B */
+/* pnm ファイルの読み込み */
static PNM getpnm(FILE *fp)
{
PNM ret = { NULL, 0, 0 ,0};
@@ -99,7 +99,7 @@ static void pnm2image(ImageData *img, PNM *pnm, int rgb0)
p = pnm->data;
q = 0;
- /* $BF)L@?'<+F0H=Dj(B(^^;; */
+ /* 透明色自動判定(^^;; */
if (rgb0 == -1){
switch (pnm->format) {
case 4:
@@ -164,7 +164,7 @@ static void pnm2image(ImageData *img, PNM *pnm, int rgb0)
msg_out("..done.\n");
}
-/* pnm $B7A<0$N%m!<%I(B */
+/* pnm 形式のロード */
ImageData load_pnm(ImageData *img, FILE *fp, int col0, int rgb0)
{
PNM pnm;
diff --git a/main.c b/main.c
index b718bf1..430c010 100644
--- a/main.c
+++ b/main.c
@@ -25,28 +25,28 @@
#include "CascadeMenu.h"
#include "xmascot.h"
-/* ɥ° */
+/* ウィンドウ基本属性 */
double disp_dpm;
Atom wm_protocols[2];
XtAppContext app;
-/* å */
+/* ウィジェット */
Widget top, mascot;
Widget *chain = NULL;
-/* ꥽ */
-extern AppData adat; /* ꥽ǡ¤ */
+/* リソース */
+extern AppData adat; /* リソースデータ構造体 */
-/* ѹ˥塼Ѥޡ */
+/* 変更メニュー用の選択マーク */
Pixmap select_mark;
#include "mascots/select.xbm"
-/* */
+/* アイコン */
Pixmap icon;
#include "mascots/icon.xbm"
-/* ޥɥ饤󥪥ץ */
+/* コマンドラインオプション */
static XrmOptionDescRec options[] = {
{"-verbose", ".verbose", XrmoptionNoArg, "True"},
{"-gravity", ".gravity", XrmoptionSepArg, NULL},
@@ -70,7 +70,7 @@ static XrmOptionDescRec options[] = {
{"-drawtiming", ".drawTiming", XrmoptionSepArg, NULL},
};
-/* ԥΥǥեȥ */
+/* ピンのデフォルトアクション */
String trans =
"<Message>WM_PROTOCOLS: quitmsg()\n"
"<MapNotify>: map()\n"
@@ -81,13 +81,13 @@ String trans =
"<Btn1Motion>: motion_pin()\n"
"<Btn3Down>: XawPositionSimpleMenu(popup) XtMenuPopup(popup)";
-/* ޥåȤΥǥեȥ */
+/* マスコットのデフォルトアクション */
String trans_mas =
"<Btn1Down>: press()\n"
"<Btn1Up>: release_mascot()\n"
"<Btn1Motion>: motion_mascot()";
-/* ꥹ */
+/* アクションリスト */
static XtActionsRec actions[] = {
{"map", MapWin},
{"unmap", UnMapWin},
@@ -113,7 +113,7 @@ static XtActionsRec actions[] = {
{"bell", Bell},
};
-/* RGBʸ -> long ΥС */
+/* RGB文字列 -> long のコンバータ */
static Boolean
XtRgbCvt(Display * dpy, XrmValue * args, Cardinal * num,
XrmValue * from, XrmValue * to, XtPointer * converter_data)
@@ -147,7 +147,7 @@ XtRgbCvt(Display * dpy, XrmValue * args, Cardinal * num,
return False;
}
-/* (2ʾƤӽФǽ) */
+/* 鎖の生成 (2回以上呼び出し可能) */
void
create_chains(int num)
{
@@ -175,7 +175,7 @@ create_chains(int num)
adat.chain_num = num;
}
-/* λ */
+/* 終了 */
void
ExitDialog(Widget w, XtPointer dat, XtPointer call)
{
@@ -183,14 +183,14 @@ ExitDialog(Widget w, XtPointer dat, XtPointer call)
}
-/* X Ϣν */
+/* X 関連の初期化 */
void
xinit(int *argc, char **argv)
{
int i;
Widget popup;
- /* ץν */
+ /* アプリの初期化 */
#ifdef USE_SESSION
top = XtVaOpenApplication(&app, "XMascot", options, XtNumber(options),
argc, argv, NULL, sessionShellWidgetClass, NULL);
@@ -199,20 +199,20 @@ xinit(int *argc, char **argv)
argc, argv, NULL, NULL);
#endif
- /* ꥽СϿ */
+ /* リソースコンバータの登録 */
XtAppAddConverter(app, XtRString, XtRJustify, XmuCvtStringToJustify,
(XtConvertArgList) NULL, 0);
XtAppSetTypeConverter(app, XtRString, XtRRgb, XtRgbCvt,
(XtConvertArgList) NULL, 0, XtCacheNone,
(XtDestructor) NULL);
- /* Ƽѥ᡼ѿ */
+ /* 各種パラメータ変数 */
disp_dpm = HeightOfScreen(XtScreen(top))
/ HeightMMOfScreen(XtScreen(top));
get_resources(top);
- /* ˥ޥåȤΥե̾ꤷ */
+ /* 引数にマスコットのファイル名を指定した場合 */
if (*argc != 1) {
MascotMenu *m = &adat.mascot_menus[0];
adat.mascot_number = m->n_mascots;
@@ -231,22 +231,22 @@ xinit(int *argc, char **argv)
XSelectInput(XtDisplay(top), XtWindow(top),
XtBuildEventMask(top) | PointerMotionHintMask);
- /* ޡΥӥåȥޥå */
+ /* 選択マークのビットマップ生成 */
select_mark = XCreateBitmapFromData(XtDisplay(top), XtWindow(top),
(char *) select_bits,
select_width, select_height);
- /* Υӥåȥޥå */
+ /* アイコンのビットマップ生成 */
icon = XCreateBitmapFromData(XtDisplay(top), XtWindow(top),
(char *) icon_bits,
icon_width, icon_height);
XtVaSetValues(top, XtNiconPixmap, icon, NULL);
- /* λѥץѥƥ */
+ /* 終了用プロパティ */
wm_protocols[0] = XInternAtom(XtDisplay(top), "WM_DELETE_WINDOW", False);
wm_protocols[1] = XInternAtom(XtDisplay(top), "WM_SAVEYOURSELF", False);
XSetWMProtocols(XtDisplay(top), XtWindow(top), wm_protocols, 2);
- /* ᥤ˥塼 */
+ /* メインメニュー */
popup = XtVaCreatePopupShell("popup", cascadeMenuWidgetClass, top, NULL);
menu_add_line(popup);
@@ -275,14 +275,14 @@ xinit(int *argc, char **argv)
/* chains Window */
create_chains(adat.chain_num);
- /* shell widget ϥäƤʤ.. */
+ /* shell widget はカーソルを持ってない.. */
XDefineCursor(XtDisplay(top), XtWindow(top), adat.cursor_normal);
XDefineCursor(XtDisplay(mascot), XtWindow(mascot), adat.cursor_normal);
}
-extern volatile int time_fl; /* ѥե饰 */
+extern volatile int time_fl; /* タイマ用フラグ */
-/* ҥץν */
+/* 子プロセスの処理 */
static void
ChildTerm(int dummy)
{
@@ -290,7 +290,7 @@ ChildTerm(int dummy)
wait(&s);
}
-/* ޥåؤѥϥɥ (̾) */
+/* マスコット定期切替え用ハンドラ (通常) */
static void
ChangeHand1(XtPointer cl, XtIntervalId * id)
{
@@ -301,7 +301,7 @@ ChangeHand1(XtPointer cl, XtIntervalId * id)
XtAppAddTimeOut(app, adat.change_time * 60000, ChangeHand1, NULL);
}
-/* ޥåؤѥϥɥ () */
+/* マスコット定期切替え用ハンドラ (ランダム) */
static void
ChangeHand2(XtPointer cl, XtIntervalId * id)
{
@@ -333,30 +333,30 @@ setlocale(int cat, const char *locale)
}
#endif
-/* ᥤ */
+/* メイン */
int
main(int argc, char *argv[])
{
signal(SIGCHLD, ChildTerm);
- srand((unsigned) getpid()); /* Ͻ */
+ srand((unsigned) getpid()); /* 乱数系初期化 */
/* Athene Widget I18N client */
XtSetLanguageProc(NULL, NULL, NULL);
- xinit(&argc, argv); /* widget/window */
- usage(&argc, argv); /* ץΥå */
+ xinit(&argc, argv); /* widget/window 生成 */
+ usage(&argc, argv); /* オプションのチェック */
- /* pin Υѥ */
+ /* pin のパターン設定 */
set_widget_pattern(top, adat.pin_pat, adat.pcol0, adat.prgb0);
#ifdef USE_CHAINPAT
- /* chain Υѥ */
+ /* chain のパターン設定 */
set_chain_pat(adat.chain_pat, adat.ccol0, adat.crgb0);
#endif
- /* ޥåȤΥѥ */
+ /* マスコットのパターン設定 */
set_mas(&adat);
- XtMapWidget(top); /* ޥåԥ */
+ XtMapWidget(top); /* マッピング */
if (adat.change_time) {
if (adat.random)
@@ -365,7 +365,7 @@ main(int argc, char *argv[])
XtAppAddTimeOut(app, adat.change_time * 60000, ChangeHand2, NULL);
}
- /* ٥ȥ롼 */
+ /* イベントループ */
while (1) {
if (XtAppPending(app) || time_fl <= 0)
XtAppProcessEvent(app, XtIMAll);